大相撲 大夕張巡業

1248

 昭和32年8月2日。大夕張山神社下、鹿島小学校横にあった特設土俵で行われた大相撲の巡業。

 大夕張駅に現れた力士たちを見て、その巨体に目を丸くし、驚いた子どもたちも数多くいました。当日の巡業は、街中から大勢の人々を集めました。

 後、昭和38年に大相撲入りした当時小学生の霜降少年(後の朝登※)もこの土俵で、横綱栃錦の胸を借りました。

 土俵を包んだ人並みは、山神社の山頂まで届くほどのにぎわいだったといいます。

※ 朝登 俊光(あさのぼり としみつ) 最高位は東前頭2枚目(1970年1月場所) 得意技 突き、押し

次のリンク先から、『二十年史』(大夕張労働組合発行S42)に描かれた当日の熱狂ぶりが伝わる記事を読むことができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + nineteen =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ