夕張市役所鹿島支所と鹿島労働会館

859

昭和45年頃 手前(明石町側)が鹿島労働会館 向こう側が夕張市役所鹿島支所。

 千年町にあったこの2つの建物は,沢で隔てられた明石町は別として、ちょうど市街地の外れにあるようにたっていました。

 大夕張からでかけて帰ってきた際には、明石町を過ぎてから、一番最初に目に飛び込んできたのがこの建物でした。

 昭和28年、鹿島・南部地区の夕張市からの分町問題以降、鹿島支所には、助役1名が常駐し、鹿島支所南部派出所の設置、道路建設の大幅な市費投入、労働会館の建設、高校の独立校舎建設の具体化などの動きにつながっていきました。

 昭和30年代後半、大夕張の表通りが舗装になってからも、このあたりで舗装道路が途切れていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 6 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here