白地図(昭和33年) 弥生町・春日町・代々木町

465

 昭和33年の資料をもとに作成した白地図。住宅配置はもちろん、昭和33年当時のものです。

 春日町では、直心アパート、清明寮が描かれています。

 人出が足りなかった時代、鉱員が全国各地から集められ、単身者を収容した『◯◯寮』が、大夕張の各町内に建てられていたという。

 後に妻帯者が入居するようになり、アパートや、◯◯荘となるなど名称をとどめ、改修されたり、取り壊されたりして新しい炭鉱住宅が建築されたようだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × one =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ