歩道橋から錦町方面

1379

 歩道橋から撮影した錦町方面の写真。

 写真の右手には、鹿島小学校の体育館が見えている。その右下の階段は、鹿島小学校の東側の便所に降りる階段の跡だろう。

 

 遠景には、錦町の住宅が写る。木々の向こうに寺院や営林署の建物が見えていた。

 

 住宅の前の坂を登って行くと、緑ヶ丘の教員住宅に行き着いた。

 また、宝沢に沿って道を下ると、泉町にでた。この写真では、子どもがランドセルを背負って歩いているように見える。

 

 このあたりよく行き来していたなあ・・・。

 お祭りや、お盆の露店が並んだこの空き地も、普段は友達と交流の場にもなっていた。

 

 

白黒写真に着色した画像

昭和48年夏

 

  以前、大夕張掲示板でも紹介したことがある、この写真、『海も好き』さんが歩道橋から撮影した写真。

  もちろん『海も好き』さんも大夕張の人だ。  

 昭和48年の閉山で揺れる大夕張の町を9600形SL(キューロク)とともに駆け回った中学2年生は、大夕張のSLが廃止になったあと、北海道からSLが消える昭和50年の冬まで、北海道内を駆け抜けた。

 少年の情熱と作品の数々は『煙の記憶』の中に封じ込められている。

 下にリンクを貼っているので、是非訪れてみて欲しい。

 

煙の記憶道内の鉄道のみ撮影してます。三菱大夕張鉄道など古い順から投稿します。時々、変化球があるかも・・・
煙の記憶 umimosuki623.blog.fc2.com
煙の記憶

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

6 − 3 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ