大夕張炭山駅を出発する列車

450

撮影した長谷川さんによると、昭和45年11月だという。

最近は、着色も少しは慣れてきて写真を見返す余裕も出てきたと自分でも思うけど、この時期の大夕張では晩秋、いつ雪がふるかという頃で、緑少し盛りすぎ・・・たか。

『ふるさと大夕張』の最初の頃から掲載させてもらっている写真も、色をつけて気がつくことが多い。

これも、礦業所前の沢からでる、暗渠のようなものが見え、「そうだそうだ」と一人で納得している。

道路の向こうの礦業所前の沢の暗渠には、入ったことはなかったけれど、入り口の様子はよく覚えている。

 

白黒写真に着色した画像

大夕張炭山駅を出発する列車


昭和45年11月 『11時40分発南大夕張行』 【長谷川潤一】


 大夕張炭山駅を11:40発の南大夕張行きです。

 昼間の南部までなので客車が一両です。

 昭和45年の11月ぐらいだと思うのですが。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 8 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here