大夕張劇場でみた映画〘 怪談番町皿屋敷 〙|高橋正朝#102

1980


  続・大夕張つれづれ # 101 〘 吸血髑髏船 〙の飯田雅人さんのコメントに対し、 facebook 版に、石崎佳美さんが、

『確かに、幼い頃、怖いシーンの時、目をつぶっていましたね』

と、応答していましたが、当時の低学年の児童は、そういう人がわりと多かった。

 

    

 ちょっと映画の内容と反応は違うけど、キスシーンになると、良い子は、『うわ〜っ』と歓声をあげていた。

 でも、この場合、耳を塞ぎ、目をつぶる、なんてことはせず、しっかり見ていた。

 

 キミもアナタも ••••••。 違いますか?   

 さて、本題にはいると、この映画は、大夕張劇場でみた。

 私が鹿島東小学校3年生のときだ。

 2本立ての上映だったはずだが、他の1本は、題名も内容もまったく記憶にない。

    

 ウイキペディアによると、1957年、東映製作で、美空ひばりが主演とでている。

 相手役は東千代之介。 美空ひばりの絶頂期の中期で、お化け映画に出演するというのが、子どもにとっては不思議な感じがした。 

   

 四谷怪談と番町皿屋敷は、少年時代は、内容を混同していた。 お化けになる女性の名前は、四谷怪談のほうはお岩さんで、番町皿屋敷のほうはお菊さんだから、名前からして、別なストーリーだと気づくべきなのに、私は、生来のボンクラなので、ゴチャ混ぜの記憶だった。 

   

 そんなわけだから、美空ひばりが、目を腫らして出てくるのかなぁと思っていた。

    

 こういうお化け映画は、いよいよお化けが登場となると、ひゅ〜どろどろ〜という擬音がはいる。

 そうすると、耳をふさぎ目をつぶる。

 

 でも、時どき、チラッと、画面を覗き見るんだよネ、良い子も悪い子も ••••••。 

 

(2022年7月23日 記)

 

 


    

(筆者略歴)

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。



   

 

1件のコメント

  • 『四谷怪談』と『番町皿屋敷』
    これもまた強烈に怖かった。
    TVでみたのか、映画で見たのか、記憶が入り交じっているが、「ワッ」と思った、その瞬間の映像だけは忘れなかった。
    頭の中に焼き付いた。目をつぶって耳を塞いでいた筈なのに(笑)
    _
    話は変わるが、富士見町から鹿島中学校への通学には30分以上かかった。
    登校時間は決まっているから、千年町のあたりからは、学校まで誰か彼かとおしゃべりをして歩くこととなる。
    その時、「怖い話」は、決まって盛り上がる話題だった。
    誰かが言っていた、
    _
    「けっして主人公の女性の名前を呼び捨てにしてはいけないって・・・。祟られて、夢の中に出てくるらしいぜ」
    _
    その言葉と『その瞬間の映像』が結びついて、とんでもないと思った。
    「夢の中まで出てこられたらたまらない」
    _
    しかし、誰かが言ったその言葉を聞いて以来、「言ってはいけない」と思えば思うほど、その言葉が誘惑するように心の中でささやく・・・。
    頭の中から振り払おうとするが、次から次に湧いてくる。
    「お◯◯」
     
    以後、間違って呼び捨てにしないように、名前を出すときは、ずっと気をつけていた。笑。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen + 13 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ