昭和4年

大井組 思い出の街角

大井組

大正末から昭和初期にかけて北部開発の馬鉄、橋梁工事などを請け負った土建業の大井組だが、大井鉄平氏が、三菱礦業所の指定商の一人として、千年町の一角に店を構え入植した。当時の写真。 千年町の大井組事務所 昭和初期 その後、土建業から千年町の高田商店隣に転居し大井質店を開業、毎日新聞販売所、洋品店、質屋を…
1929年(昭和4年) 昭和

1929年(昭和4年)

1月 22日,大夕張の駅名を南大夕張,北部駅(主として旅客の乗降及び購買会用品等少量の貨物を取扱うを目的とする)を大夕張駅と改称。 終点を通洞駅(一般乗降客を取扱わず専ら石炭積出し及び砿業所物資の積卸しを行うを目的とする)と命名。2月 4日,この日から客車2両を連結運転。4月 主夕張青年訓練所設置。…
昭和3年主夕張尋常小学校の開校 学び舎の思い出

昭和3年主夕張尋常小学校の開校

昭和3年6月、三菱大夕張礦業所が主夕張尋常小学校の建設を始め、9月15日に完成、夕張町に寄 付。10月1日に開校。(教室8その他 352.75坪~1160.77平方平方メートル) 昭和4年増築工事中の主夕張尋常小学校校舎(『開校40周年記念誌』鹿島小学校S43) 開校から数年間の出来事。 昭和3年1…