炭砿病院前  

7335

 昭和35、6年頃 病院手前の踏切のそばにあったブロックの前で、住所的には、富士見町4丁目になるだろうか。道路をわたって、礦業所事務所に向かって5丁目、6丁目となった。(下の地図参照)

 近所のブロックに住んでいた『シズコちゃん』は、小学校入学前の頃の自分とよく遊んでくれた。何度も家に遊びに行った記憶もある。やさしいお姉さんだった。

 この辺りは、小学校入学前の行動範囲内で、よく遊んだなじみの場所だった。

白黒写真に着色した画像

近所の『シズコおねえちゃん』の家の前で一緒に写真をとってもらった

富士見町4丁目のあたり  【飯田 雅人】(1998年1月1日)

 右手に炭砿病院、3本の交差した道路は、線路に沿ってまっすぐ進むと大夕張炭山駅,礦業所の事務所につきあたり、バスも走っていました。真ん中の道を行くと右手に公園があり、4、5歳の頃、ここで良く遊びました。公園には土俵もありました。

 当時、町内の行事などで、子どもの相撲大会が行われ、土俵に敷かれたおがくずのひんやりした足の裏の感触をいまでも覚えています。

 手前の道路を左に行くと山側の職員住宅へと坂道が続いていました。

 


 

建物配置は和33年の資料

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

14 + three =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ