2丁目3番地

令和2年2月1日にスタートした「ふるさと大夕張2丁目3番地」に関連した情報を気ままにつぶやくブログです。

2001年10月28日 ~私のふるさと物語ロケ~その2 2丁目3番地

2001年10月28日 ~私のふるさと物語ロケ~その2

午後11時頃、最初に、鹿島小学校校歌の歌唱シーンの収録から始まりました。 鹿島小学校鼓笛隊生みの親、田中豊一先生(田中先生は2010年にお亡くなりになりました)のピアノ伴奏に合わせて、「ああ、大夕張」の合唱がグラウンドに響きます。 イリュージョン。かつての大夕張駅前通り。元住民達が懐かしそうに笑顔で…
2001年10月28日 ~私のふるさと物語ロケ~その1 2丁目3番地

2001年10月28日 ~私のふるさと物語ロケ~その1

 平成13年(2001年)10月28日、住民が立ち退き人のいなくなった無人の大夕張に、多くの人が集まった。その時のことを当時参加した斎藤敏幸さんが、後日、次のように書いている。  10月28日、大夕張に一つの奇跡が起こりました。  その日、鹿島小学校校庭に、50人以上のかつての子どもたちが集まり、恩…
『熊撃ち』の写真 後日譚 2丁目3番地

『熊撃ち』の写真 後日譚

https://ooyubari.com/2021/06/21/kumauti/?hilite=%E7%86%8A%E6%92%83%E3%81%A1  以前、『熊撃ち』と題する鹿島小学校の郷土室にあった古い一枚の写真を掲載した。 (その写真は、上のリンクから見ることができる。 また、この記事の一番…
午後5時のチャイム 2丁目3番地

午後5時のチャイム

 『ふるさと大夕張(1丁目1番地)』で、作成のエピソード的なことを「備忘録-1丁目1番地」で書いて来たが、 鹿島小学校の午後5時になるチャイムのことは 、書いていなかったと思うので、ここに書き留めていこうと思う。     『ふるさと大夕張(1丁目1番地)』を作るまえ、大夕張のことで、鹿島小学校の午後…
昭和50年代 学生ボランティア 2丁目3番地

昭和50年代 学生ボランティア

 『NHK日本縦断こころの旅のブログ』で火野正平さんが、鹿島小学校跡地を訪ねた放送回のブログに、昭和53年年から昭和54年頃、当時学生ボランティアとして活動に参加した方からの投稿があります。ここに、転記して紹介すると、    大夕張には今から40年前の夏、訪れたことがあります。  大学の募集したワー…
夢 2丁目3番地

  珍しくふるさとの夢を見た。 炭砿病院を過ぎたあたから夢は始まる。   栄町の通りを駅に向かってひとり、車で走っていた。 「あれ、ダムに沈んだはずだが・・・」 そう思いながら、雑草の生い茂り、人がいなくなった無人の商店街を走り抜けた。   錦町の上の方に一台の車が止まっていた。 老夫婦がいた。 男…
2002年 倒壊した地蔵堂 2丁目3番地

2002年 倒壊した地蔵堂

   『無縁供養・水子地蔵』が、当時親類縁者のない人たちの供養と、水子供養のために、昭和16年8月、大聖寺境内に以来建立されていた。  この他、水子供養地蔵は、大夕張のほとんどの寺院にあった。    2002年冬、大夕張の最後の建築物であった『位牌堂(地蔵堂)』が雪の重みで倒壊した。  このことは、…
三冊のアルバム 2丁目3番地

三冊のアルバム

昭和20年 場所は『病院の裏の方・・・というが?』    父が残したアルバムがある。  父は大正14年生まれだから、昭和の歩みと、年齢が一緒でわかりやすい、と子どものころ、よく父の年齢のことについて、家族で話していた。  だが父は昭和47年に亡くなったので、47歳までしか数えることはなかった。  そ…
地図に引かれた一本の線 昭和37年「石狩鹿島」 2丁目3番地

地図に引かれた一本の線 昭和37年「石狩鹿島」

    よく見て欲しい。この地図には、南部二股、大夕張ダムの位置に一本の線で書き込みがある。  昭和37年発行の地図だから、当然まだ大夕張ダム完成以前の地図である。    今から20年以上前、「ふるさと大夕張」で活用をと、ある方から手渡された地図だった。       この地図の持ち主であるJUNさん…
大夕張へ向かう3本の道 2丁目3番地

大夕張へ向かう3本の道

むかしの道路(昭和2年ころ) むかし、鹿島まで、3つの道路がありました。  一つは、南部の若葉鉱(今はない)から、山道を通ってきました。  もう一つは、万字炭山からの山道です。  シューパロ川の淵を通る道は、一番新しい道路です。  この道には馬鉄といって、馬のひっぱる鉄道がありました。 (鹿島小学校…