解散記念誌1990.5.20 |炭労 三菱南大夕張炭鉱労働組合

3542

 

 

 この解散記念誌は今年1月、元三菱大夕張炭鉱病院に看護婦として勤務していたIさんがおくってくださった。

 Iさんは、父の同僚で母の幼なじみだった。

 

 母とは宝町に住んでいた鹿島小学校時代、一緒にソロバンを習いに通っていたと懐かしく話す。

  

 父とは薬局で長いこと共に勤務した。

 その頃、私服姿で、私の父母と3人、病院の庭で撮った姿を、父のアルバムから本HPにも掲載している。

 

 まだ病院近くの線路沿いの家に住んでいた幼い頃、昼休みに父の勤務する薬局に遊びにいっては、よくかわいがっていただいた思い出が懐かしい。

  

 Iさんは、三菱大夕張炭鉱が閉山後となった後、南大夕張の炭砿病院に移った。

 

 そこで閉山まで南部で暮らした。

  

 その手もとにあった大切な本を、自分が今もこういうことをやっていることを知っていて、その他の思い出の本や資料とともに送ってくださったのだった。

  

 大夕張を離れた自分とは、ヤマの会で一度お会いした。

 

 母がなくなってからも年賀状のやり取りをしていて、最近は電話で何度かお話をさせていただいている。

 

 近所に住んでいた大夕張時代の知り合いも少なったと話すが、話す言葉は明瞭で、矍鑠として過ごされているご様子。

 

 電話では、90歳を過ぎた方に、自然と「Iチャン」と呼びかけてしまう。

  

 未だに、自分のことを『まーチャン』と呼んでくれる数少ない方のお一人になってしまった。

 

(2024年5月4日 記)

   

 

【書名】

解散記念誌 

【発行】

三菱南大夕張炭鉱労働組合 執行委員長水野一行

【発行日】

平成2年10月15日印刷

平成2年10月20日発行

 

 


【目次】

 

労働組合終焉の記録

 解散大会

4

 解散式

5

 解散パーティ

6

発刊にあたって

 執行委員長 水野一行

7

 炭労執行委員長 藤原福夫

8

黙祷

 殉職者名簿

11

解散宣言

15

南大夕張労組の歩み 

 創立期より閉山まで

17

思い出のアルバム

44

組合員名簿

109

主な就職先

128

編集後記

129

 

 


 

 

備忘録

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ