夢の街

かつて石炭で繁栄した街の昔と今の記憶をもとめ、追いかけた記録。

北海道弁••••••補足•••はっちゃきこく、はっちゃきになる | 高橋正朝  #129 続・大夕張つれづれ

北海道弁••••••補足•••はっちゃきこく、はっちゃきになる | 高橋正朝 #129

     この北海道弁〘 はっちゃきこく 〙は、前回、続・大夕張つれづれ # 128 で投稿しましたが、『 侮蔑的感情 』という表現に対し、腑に落ちないという人がいましたので、補足します。       北海道弁〘 はっちゃきこく 〙は、ネットで検索すると、一所懸命、夢中になって、頑張って、とかいうよ…
馬頭観音 |小林光志 思い出ばなし

馬頭観音 |小林光志

 便所場球場に近い大久保さんの向かいに、労働馬の慰霊碑がありました。   「大久保組」ご存知ですか?  ここに多くの労働馬がいました。   私が大夕張にいた頃は、ちゃんと感謝をこめて祭っていました。   (追記)  大久保組の大久保家は、私の遠い親戚でもありましたので ちょくちょく行き来してました。…
北海道弁••••••はっちゃきこく、はっちゃきになる | 高橋正朝 #128 続・大夕張つれづれ

北海道弁••••••はっちゃきこく、はっちゃきになる | 高橋正朝 #128

      この北海道弁〘 はっちゃきこく 〙も、前回の〘 だはんこく 〙と同様、北海道内ですら死語になっているのではないだろうか •••••。      私が名前すら知らなかった江別市出身のタレントの大泉洋は、北海道弁を駆使し、それをウリにしてバラエティー番組などに出演しているらしいが、彼だったら…
闘犬のはなし| 泊川俊徳 思い出ばなし

闘犬のはなし| 泊川俊徳

   子供の頃、春日町の川原で闘犬をしていて、興行を何度か見に行きましたが、短い流行だつた感じでした。    4メートル位の円形で、角材の柵の中で闘犬が行われていました。    闘犬も専門的に訓練されて無い感じで、場当たり的に戦っていたようでした。     一時的な流行でした。    当時、子供なが…
三輪車 | 石崎佳美 随想

三輪車 | 石崎佳美

     大夕張の3才くらいの思い出です。   「三輪車」   ネズミ色(わかるでしょうか…灰色です。)だったかな?  近所の遊び友達。  斉藤みつあき君が三輪車を、持っていました。  私は、欲しいと言ったのか…。  三輪車を買ってもらいました。  何も絵の書いていない三輪車です。   前に小さいベ…
北海道弁••••••だはんこく | 高橋正朝 #127 続・大夕張つれづれ

北海道弁••••••だはんこく | 高橋正朝 #127

     この北海道弁〘 だはんこく 〙は、もはや死語ではないだろうか••••••。       アパートのガラス戸は、今の時期( 12月初旬から1下旬ぐらい )は24時間開けっ放しにして網戸にしているのだが、早朝、見えないが、通りの向こう側から、幼児が、〘 だはんこいている 〙のが聞こえた。   …
紺碧の夕張岳  写真

紺碧の夕張岳 

    昭和17年に大夕張で生また叔父は鹿島小、鹿島中の同級生たちと、あるいは一人で、時々故郷をたずねていた。  その時々に、撮影した写真を送ってくれていた。  その中からの一枚の写真。  1995年(平成7年)頃、おそらくシューパロ湖湖畔亭付近からの撮影だろうか。      夏。  夕張岳は、蒼く…
冬の出来事 |Kawauchi Masami 思い出の記

冬の出来事 |Kawauchi Masami

   私には忘れられない思い出が2つ有ります。    小学校2年生の時、富士見町のスキー場で遊んでいて身体がだるくなり、いつもの様に、スキーを担いで春日町の自宅へ帰る時、スキーが重くて、カンダハンの金具を両手で持って引きずって歩いていました。    家だと思い、家まで着いて倒れていたそうです。   …
万葉会館 | 高橋正朝  #126 続・大夕張つれづれ

万葉会館 | 高橋正朝 #126

 『続・大夕張つれづれ #124 道玄坂の思い出 その2』 に、TAKASHI さんが、コメントを書き込み、万葉会館について言及していました。       当時あった万葉会館は、今は貸ビル業に転じているようで、ビルの大部分は、IKEA に貸しているようです。       『続・大夕張つれづれ #12…
お下がりのスキー| 石崎佳美 思い出ばなし

お下がりのスキー| 石崎佳美

  もう、夢か現実だったのかは、定かではありません、、  小学校1年生の冬スキーで登校しました。  1列になって、1年生の私は1番前で、私の前には最上級生の男の子がいました。  ところが…💦。  スキー板があまりも長く、体に合っていなかったので、何度も何度も転び、思うように前には進めません。 それま…
道玄坂の思い出 その3|高橋正朝 #125   続・大夕張つれづれ

道玄坂の思い出 その3|高橋正朝 #125  

   日本は、これから、最も寒い時期になる。  私は海外に出るまで、東京に14年間ほど住んでいたが、最初の冬は、北海道に比べて暖かいなァと感じたが、翌年の冬からは、えらく寒く感じるようになった。  特に、家の内の寒さには閉口した。  とはいうものの、大夕張に比べれば、気温は高いのだが ••••••。…
雪明りの街 | 夕輝文敏 夕輝文敏

雪明りの街 | 夕輝文敏

     正雄は、その夜いつになく酔っていた。首切り部長としての葛藤が、酒の量を増やしてしまった。    以前は同僚たちと良く飲みに来たが、今の職責についてからは、一人で飲みに来ることが多くなっていた。    年の瀬のススキノは、人で混み合っていた。正雄はタクシーを拾うのを諦め、少し酔いを覚まそうと…
最後の大晦日|斎藤敏幸 随想

最後の大晦日|斎藤敏幸

   大夕張で過ごした最後の大晦日を振り返ってみました。     正確には、大晦日の前日の事なのですが。       1972年(昭和47年)12月30日。      この日、夕張東高第8期生(同年3月卒業)の同期会を、確か千歳町の婦人会館で開催しました。      もう記憶は定かではありませんが、…
道玄坂の思い出 その2 | 高橋正朝 #124 続・大夕張つれづれ

道玄坂の思い出 その2 | 高橋正朝 #124

     前々回投稿した、大夕張つれづれ # 122 〘 ハチ公前広場の噴水 〙に、飯田さんが、イラストを添付して掲載してくれました。     渋谷駅前のハチ公の銅像の住所というのは、実は道玄坂なんですョ。    それで、イラストに描かれていた景色の、中央からやや右側にあるビルを、私は渋谷駅前ビルと…