ござっぺ釣り |曽根幸夫

12942

 

  

 七夕が近くなると、毎年のござっぺ(カジカ)釣りを思い出します。

 

 ござっぺは、7月ころ子持ちになりますので、ちょうど良い時期なのです。

  

 

 

 兄とござっぺ(カジカ)釣りに出かけます。

 大体30分くらいでバケツ一杯釣れるのです。

 

 それを持ち帰って外で七輪で焼いて母が佃煮にしたり、いろいろ料理してくれます。

 

 姉が7月6日が誕生日なこともあって、釣りをした後、兄が錦町の山に入って柳の木を採ってきて、皆で飾りつけをしたものです。

 

 

 ござっぺの話に戻ります。

 

 ござっぺ釣りの仕掛けは、単純なもので、木綿糸40センチ位用意して、糸をミミズの頭からしっぽまで通します。

 

 気持ち悪いという人にはおすすめできませんが…

 

 ミミズを通した糸を輪っかにしてから、さらにひねって半分に折ります。

 

 そうすると、10センチ位の数珠つなぎミミズの4本のひねり束になります。

 

 これを木の棒で1m位の糸で吊り下げるだけです。

 

 針は要りませんもちろん浮きも要りません。

 

 場所はシューパロ川の上流、堰のあるところ。

 (夏はその下で水遊びをするところ)

 その少し上です。

 

 岸辺の流れの緩いところで糸をおろします。

 

 石をはぐれば、ござっぺは必ずいます。

 

 するとすぐに2、3匹くらいは食らいついてきます。

 

 でっかい頭に、がま口のような口がついた滑稽な魚です。

 

 その口でばくっと食らいつきます。

 

 ゆっくり上げれば大体4、5匹ぶら下がってきます。

 

 多いときは10匹くらい団子状になって捕れることもありましたよ。

 

 札幌に住む従妹に

「ござっぺつりやりたいなぁ!」

と言ったら

「熊がおっかなくてダメだよ」

と言われました。

 

(2024年7月1日 記)

 

曽根幸夫 (sone.yukio@snow.ocn.ne.jp)


思い出ばなし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ