山史

三菱大夕張鉄道58年史

第4編 営業成績 第6章 沿線炭鉱 第7章 主要荷主別後払契約 第8章 鉄道営業収入表 山史

第4編 営業成績 第6章 沿線炭鉱 第7章 主要荷主別後払契約 第8章 鉄道営業収入表

第6章 沿線炭鉱 年度別北菱香取坑黒江(微粉炭)南部炭北菱遠幌砿北夕炭砿北菱鹿島炭砿計 32.2送炭開始29.11送炭開始24.6送炭開始23.1送炭開始24.9送炭開始28.3送炭開始  37.2送炭終了 30.3送炭終了29.11送炭終了   22   2,010  2,01023   23,4…
第4編 営業成績 第5章 石炭運賃 山史

第4編 営業成績 第5章 石炭運賃

第5章 石炭運賃 大夕張炭山~清水沢間1屯当り石炭賃率 昭和14年4月20日開業当時併算制施行 7級 18粁50銭最低運賃の関係により59銭の実施を得る昭和17年4月1日戦時輸送通算制施行のため減収となり実収55銭 但し昭和19~20年頃一括割賦を使用したため 扇町及び隅田川駅着 長距離輸送により7…
第4編 営業成績 第3章 連絡運輸範囲 第4章 乗車券 山史

第4編 営業成績 第3章 連絡運輸範囲 第4章 乗車券

第3章 連絡運輸範囲 昭和16年12月1日、旅客連絡運輸取扱開始 国鉄線東海道線 東京、横浜、名古屋、大阪、神戸東北線   東北本線各駅、日立、陸中花輪、八戸、陸中夏井、久慈奥羽線   奥羽本線、能代、羽後四ツ屋、羽後長野羽越線   温海北海道線 各駅  国鉄線を経由し社線と次の鉄道線間 国鉄線清水…
第4編 営業成績 第2章 旅客運賃  山史

第4編 営業成績 第2章 旅客運賃 

第2章旅客運賃 1、 賃率(国鉄比較) 三菱大夕張鉄道国鉄年・月・日賃 率大夕張・清水沢間運賃賃 率14年4月1日  1銭5厘6毛14年4月20日1銭5厘6毛24銭 17年4月1日   2銭19年3月1日1銭6厘26銭 19年4月1日2銭5厘40銭2銭5厘20年4月1日3銭50銭3銭21年3月1日 …
第3編 駅の歴史 山史

第3編 駅の歴史

第3編 駅の歴史 清水沢駅  明治30年2月16日 北海道炭砿鉄道の駅として開業追分起点 33.6Km  明治39年10月   鉄道国有法により逓信省鉄道作業局に買収され省線となる。  昭和22年1月16日 社線乗入れにより共同使用駅となる。  昭和31年4月2日  新駅舎完成新清水沢駅 清水沢起点…
第2編 歴代課長 山史

第2編 歴代課長

第2編 歴代課長   初代  宇賀村   進     自、昭和20年9月1日                   至、昭和21年6月20日   2代  本 間 昌 吉     自、昭和21年6月20日                   至、昭和27年11月25日   3代  松 谷 逸 郎    …
第1編 沿革 第8章 二股ダム建設に伴う鉄道移設補償工事 山史

第1編 沿革 第8章 二股ダム建設に伴う鉄道移設補償工事

第8章 二股ダム建設に伴う鉄道移設補償工事 1、 二股ダムの建設 昭和27年、北海道開発局の手により、空知4ヶ町村(由仁、栗山、栗沢及び長沼)の既成水田7720haの完全補水と4145haの新規開田並びに年間6650万Kw/hの発電を目的とし多目的ダムの建設に着手。 昭和35年12月、湛水及び発電を…
第1編 沿革 第7章 最近に於ける営業事項 山史

第1編 沿革 第7章 最近に於ける営業事項

第7章 最近に於ける営業事項 1、 美鉄と連絡運輸併合 従来大夕張鉄道と美唄鉄道は、国鉄との連絡運輸については恰も別会社の如く、ここに連絡番号を有し業務を取扱いたるも、 昭和31年6月1日よりこれを併合三菱鉱業株式会社の美唄鉄道線又は大夕張鉄道線と称し、連絡運輸契約も当社取締役社長と国鉄営業局長との…
第1編 沿革 第6章 清水沢駅乗入 山史

第1編 沿革 第6章 清水沢駅乗入

第6章 清水沢駅乗入 1、 清水沢駅乗入 当鉄道に於ける国鉄との連絡運輸については、従来より新清水沢駅を有し、旅客は約350米の徒歩連絡、更に荷物及び郵便物は荷車をもって運搬中継せしため列車の遅延を来す等不便を免れず。これが緩和のため省線清水沢に列車を乗入のことゝし、 昭和19年8月25日付をもって…