訪問記

暮らしていた大夕張。訪れてみたふるさと、そこは・・・。わき出る思いや言葉、風景との対話。

消えた、大夕張|浅野岳男 訪問記

消えた、大夕張|浅野岳男

平成15年(2003年)10月7日。 昭和26年卒、鹿島中学校同期会が札幌グランドホテルで開催された。 午前中、希望者にバスツアーが計画され、夕鉄バスで、湖底に沈むと言われる「ふるさと大夕張」へ、行って来た。  南大夕張を過ぎると、シューパロ湖が眼下に広がり、その向こうに夕張岳が姿を現してきた。  …
明石町駅地下通路 ホーム跡 1999 訪問記

明石町駅地下通路 ホーム跡 1999

     1999年(平成11年)6月、旧明石町駅舎が取壊しになった。その10日ほど前。    大夕張の玄関口だったという駅も、中学校を卒業して大夕張のまちを出た自分にとって、明石町駅は大夕張のはずれの駅という印象をどうしても拭えなかった。    私は、ここで乗り降りしたことはなかったが、鹿島(夕張…
旧明石町駅 1997 訪問記

旧明石町駅 1997

1997年(平成9年)5月の旧明石町駅。   昭和48年(1973年)に廃止になってから24年、屋根が傾き、窓には木の板が打ち付けられながら、なんとかそこに建っていた。   この時期、故郷の大夕張を訪れた人は、きっとそうであるように、自分も「そこにある」ものたちを夢中で写真に収めたのだった。   正…
秋の宝沢(泉町)そして『湖風葬』 訪問記

秋の宝沢(泉町)そして『湖風葬』

   左手に鹿島小学校の裏の土手。  そこから橋のように大夕張鉄道の築堤跡が右手の錦町へと伸びる。  宝沢をまたいでいたかつての橋脚もまだ見えていた。      宝沢沿いの窪地に水が溜まる。    泉町。    かつての集落と、そこで暮らした人々の様子は、久々湊さんの文章や、泉町町内会の活動や運動会…
夕張岳初冠雪 訪問記

夕張岳初冠雪

2022年10月20日、夕張岳が白くなっていた。 10月に入って北海道各地の山から初冠雪のニュースが届いていた。 前々日の18日には札幌市内の手稲山でも初冠雪を迎えていた。 その頃夕張岳にも雪が降ったのかも知れない。     その日のTVのニュースで、 「札幌管区気象台は手稲山の初冠雪を発表しました…
2022年10月 鹿島眺望公園と鹿島小学校跡地 訪問記

2022年10月 鹿島眺望公園と鹿島小学校跡地

 今年の3月に十数年ぶりに大夕張を訪ねた時、夕張岳が正面に見えるここで、春夏秋冬の空気を感じたいと、ひそかに願った。  3月に訪れた際の『別世界』にも書いたことだが、今年は、区切りの年でもあるとも思ったからだった。    これまで3月、5月と6月、8月、そして今回10月20日と、出かけることができた…
記念碑発見|高橋歌子  訪問記

記念碑発見|高橋歌子 

   本日、三十二年ぶりに同級生と会うことが出来ました。  「ふるさと大夕張」があったからこそかなった夢でした。   小学校卒業を間近にした転校。  ボーっとした小学生だったから、転校先で卒業式を迎えたときにやっと 「何かこれは違う」 と気づきました。  それからよく大夕張を飛ぶ夢を見るようになり、…
夕張シューパロダム 2022年夏  訪問記

夕張シューパロダム 2022年夏 

2022年8月の大夕張行 今年3月に、父母の五十回忌と母の三回忌の区切りに十数年ぶりに大夕張を訪れたことは以前にも書いた。 初めて見たり聞いたりしたことには、いつも新鮮な感動を伴う。      その時、心に湧いてきた率直な感覚がある。 故郷の変わらぬ山の姿と新しくできた湖、 懐かしいのに新しい 風景…
箱岩(函岩)と夕張岳 訪問記

箱岩(函岩)と夕張岳

 シューパロダム本体からみると、ダム管理事務所の対岸にセメントコンクリ-トで固められた岩盤とそばに大きな岩が湖面に屹立している場所がある。    かつて大夕張ダム堤体そばに巨大な岩の名残りがあり、そこはダムが建設される以前は、箱岩(函岩)とよばれその作り出す景観は函渕とよばれた。    大夕張開発の…
夕張岳とダム管理事務所 訪問記

夕張岳とダム管理事務所

 2022年8月22日の大夕張行の帰りに寄った。  「ダム管理事務所」と書いたが、正式には「北海道開発局札幌開発建設部夕張川ダム総合管理事務所」というようだ。    昭和37年(1962年)に大夕張ダムが完成、10月に南部-明石町間の道路が開通し、大夕張は陸路で他地域と結ばれるようになった。  大夕…
ダム本体上から夕張岳 訪問記

ダム本体上から夕張岳

2022年8月下旬に訪れた際の「夕張シューパロダム」本体の上から。 今年の5月にダム完成後初めて訪れた。 それは、深川のキャンプ場に行く途中の「ついで」だったが、連れもいたので寄る気になった。 その時はあいにくの天気、雲に覆われたどんよりとした天気で、夕張岳は姿を見せていなかったが、今回は天気に恵ま…
2000年 栄町からの夕張岳 訪問記

2000年 栄町からの夕張岳

    2000年7月27日の印字。 住民が完全に立ち退きシューパロダム工事が始まろうとしていた頃の大夕張。 自由に大夕張の中に立ち入りできた残された、そのわずかな時間。   もうずっと前の訪問だが、その時の記憶によれば・・・・    上の写真は、栄町3丁目のかつて浴場のあったあたりから代々木町の方…
馬頭観世音(鹿島眺望公園) 訪問記

馬頭観世音(鹿島眺望公園)

     鹿島眺望公園に立つ、馬頭観音。  眺望公園の中で、唯一戦前の大夕張を伝える碑である。  住民が立ち退く前、千年町の住宅地の裏手にあった。   手塚治虫の『鉄腕アトム』で「10万馬力だ♪鉄腕アトーム♪」というフレーズ。  「『一馬力』ってどれだけの力?」と親に聞いたことがあった。 「馬一頭が…
「太古の森」に帰り始めた? |jun 訪問記

「太古の森」に帰り始めた? |jun

 この場合、国語的には「帰る」と「返る」はどちらなのか・・   だけど、雰囲気的には「帰る」にしたい。  2019年10月11日(金)  1年半ぶりに大夕張に帰った。   紅葉が進んでいてすごく綺麗。   行く度に思うけれど、本当に美しいところですね、我が故郷は。    で、今回びっくりしたのは、植…