シューパロ川下ってきました|高橋歌子

1152

シューパロ川下ってきました。

出発してすぐ沢が合流してダバダバだった

 2001年06月03日(日)

一部お誘いした方々。これなくて正解です。
本日のシューパロ川、めちゃくちゃ激流です。
中級者以上でないと無理でした。

前々から計画していたシューパロ川カヌー下り、本日行いました。

朝、下見に行くとやけに水量多い。白波立ってる。
雨も降ってきたし、今日はもうダメかなと思いました。
で、集合場所の南大夕張駅跡にいくと「雨天中止」のはずなのにたくさんの人が集まっていました。
みんな「どうせ水遊び。濡れるんだから。」という方々でした。

出発してしばらくして流れ おだやか。

大夕張の堰堤の上流5キロ、三笠に抜ける道が林道と分かれるところから出発しました。

私は絶対沈没しない「ダッキー」というのの二人艇で後部座席にエキスパートシーカヤッカーを従えて行きました。万年初心者の私がいけたのはそのせいです。

もう始めっから「激流」景色見る余裕なんてありません。
それでも慣れてくるとほかではあまり見られない「黒い切り立った崖」や「霧が晴れてくる合間に見える深い緑」に感動。

カーブを曲がって視界が広がりズリ山が見えてくると「とうとう来たんだ」としみじみ思いました。

堰堤を越えるため、カヌーを降りて歩いていきます。
今日の堰堤は大迫力です。

ダッキーの私と後ろがシーカヤックのエキスパート ふもとさん。

その下流も結構な瀬があり、初心者には結構厳しいかも。

グラウンドに行く橋はもう橋げただけで、春日町や千年町にわずかに生活の跡が残っています。

懐かしい沢や山が見えるともうゴールの東小学校跡。

本当はサトミ公園まで行く予定でしたが、今までになく水量が多く、河原もほとんどない状態なのでアプローチが難しくここまでにしました。

レベルとしては、東小学校から下のほうが初心者向けとは思います。
川は生き物ですから、夏が近づいてくると、また様子が変わってくるかもしれません。

それにしても「大夕張」が過去のものでなく、今密かなプレイスポットと

取水堰より2kmほど上流

してパドラーの間で知られていたのはうれしいことでした。

どう?なかなかいい所でしょう?とちょっと自慢したくなりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + 1 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ