宝沢 晩秋 2001

11880

そのむかし、宝沢は沢を埋め立て暗渠となり、その上に緑町と千年町を結ぶ道路を通した。

昭和7年の秋から翌昭和8年の1月にかけてのことだった。 

 

 

戦後、そこにできた商店街と、新しく与えられた岳富という町のなまえ。

  

すでに町はなく、舗装された道路だけが宝沢の窪地に緩やかな弧を描き残っていた。

 

それでもそれが、数少ない、見覚えのある確かに『大夕張の風景』だった。

 

 

 

 

2001年11月11日 撮影

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ