大夕張年表

1979年(昭和54年) 昭和

1979年(昭和54年)

  1月 旧,大夕張駅舎に大夕張診療所(平池正医師※元炭砿病院々院長)開設。2月 夕張信用金庫大夕張支店が大夕張出張所に変更。4月 1日,鹿島小児童数160人。7学級。 奥鹿島分校児童数2人1学級。鹿島中112人。4学級。第11代斉藤與四政校長。5月 三菱南大夕張第2斜坑ガス突出事故,死者17名。 …
1978年(昭和53年) 昭和

1978年(昭和53年)

1月 ポンプ車1台、消防南部出張所に配置。 3月 19日,鹿島東小閉校式。  4月 8日,鹿島小・鹿島東小統合式。鹿島東小学校閉校。それに伴い鹿島東小学校奥鹿島分校が鹿島小学校奥鹿島分校と改名。 鹿島小体育館解体開始。 5月 大相撲5月場所をもって,朝登引退。 10月 鹿島中学校,鹿島小学校と併設。…
大夕張年表 通史

大夕張年表

1635年(寛永12年) 松前藩主が家臣に命じて、アイヌ人数百人に数年間にわたり夕張岳を中心に夕張川上流で砂金の採集をする。 1888年(明治21年) 夕張川川岸15尺の大露頭が発見される。(南大夕張 旧錦坑)しかし、地形峻険のため開発は進まず。 1897年(明治30年) 10月 30日、京都合資会…
1977年(昭和52年) 昭和

1977年(昭和52年)

1月 鹿島勤労市民センター類焼により全焼。3月 13日,奥鹿島分校学習発表会開催。  31日,電話普及により火災報知器の廃止。4月 鹿島東小複式規模に児童数減少。PTA総会において鹿島小への統合を決議。5月 1日,鹿島東小第10代PTA会長中井久雄選出。 29日,鹿島東小第26回運動会(町内会と共催…
1976年(昭和51年) 昭和

1976年(昭和51年)

3月 7日,夕張東高定時制課程閉課式典。記念誌『美春』発行。 23日、三菱鉱業バス南部線ワンマン化 31日,北海道夕張東高等学校定時制課程閉課。  鹿島中第1線校舎解体,側線校舎一部解体。第2線校舎を管理棟に改修。 階上音楽室を図書室に改修。この時,生徒数183人,7学級編成。4月 2日,鹿島小第1…
1975年(昭和50年) 昭和

1975年(昭和50年)

3月 31日,聖心幼稚園 廃園(s49年度園児38名)。 鹿島小放送施設新設替4月 1日,鹿島東小第6代今井欣一校長。 奥鹿島分校児童数1となり,教員定数も1となる。 鹿島中第10代工藤善一校長。 >大夕張保育所開設。8月 鹿島中,第4線校舎(製図室,柔道室)の壁撤去通し教室に改造,第3便所改修。1…
1974年(昭和49年) 昭和

1974年(昭和49年)

1月 イサオ製作所大夕張工場操業。(礦業所跡) 21日,鹿島中完全給食開始。2月 園芸センター設立。3月 単板加工会社大夕張ユニオン開業。(弥生町)4月 鹿島小,7学級児童数261名。 鹿島東小,6学級児童数110名。 鹿島中,7学級216名。 消防南部分遣所を出張所に改組。職員4名配置。菊水分遣所…
1973年(昭和48年) 昭和

1973年(昭和48年)

1月 15日,泉町火災。2月 18日,町内対抗のど自慢大会。3月 第二聖心幼稚園閉園。  18・20日,映画『塩狩峠』ロケのため,遠幌‐大夕張炭山,南大夕張‐大夕張炭山間臨時列車運転。4月 1日,鹿島中,19学級(含特学1)生徒数720。 19日,午後1時より開催の本社臨時経営協議会席上、大夕張砿業…
1972年(昭和47年) 昭和

1972年(昭和47年)

2月 2日,貨物93列車吉野沢付近を通過中、雪崩発生。 17日,14時頃,奥部南上片北向き坑道北第1立入奥で鉱員重傷事故。 28日,北菱鹿島炭礦が閉山。4月 17日,金子診療所(内・小)開設。5月 1日,第43回メーデー。  三菱大夕張炭砿社,美唄炭砿を閉山。 10日,北菱岐線撤去。 この頃,大夕張…
1971年(昭和46年) 昭和

1971年(昭和46年)

2月 16日,19時25分頃,栄町浴場(女子浴室)天井落下事故。 22日,大夕張鉱業学校卒業生10名新採用教育。(入学者減により閉校きまる。校舎は一般病棟として利用がきまる。)3月 28日,大夕張地区町内対抗のど自慢大会。4月 1日,鹿島小第11代西村政雄校長。 >大夕張・南大夕張山内で190戸の炭…