水仙の芽

4022

 

3月になって、暖気に雪が溶け始めた。

このまま雪がとけることはないと思いながらも、これからは雪が降っても、もう積ることはないだろうと思う。

気がついたら、庭先に水仙の芽が出ていた。土の温度が上がると芽をだすという。

 

「水温む(みずぬるむ)」という言葉を思い出す。

「水ぬるむ春三月」とは、この時期、小中学校の卒業式の式の中のよびかけなどでも使われる。

 

池や川の水が暖かくなる頃の「春の季語」だという。

 

大夕張の家の前や軒下、近くの沢地にはたくさん水仙が芽吹いていた光景。

沢の流れや川の音、溶けた雪が坂の道路を流れる音。

春を感じさせる温かい空気と、溶けた雪がしみこんだ地面から湧き立つ土の匂い。

 

大夕張の春はもっと遅い。 

 

しかし、春を待ちわびる気持ちは、今もその時と変わらない。

  

 

この写真をとったのは3月6日だが、翌日には雪はすでに消えていた。

今年の春はこのまま駆け足でやってくるのだろうか。

 

 

to
実は水仙と思ってとったこの芽はチューリップで、よく見ると葉が巻いていた。 水仙は別の場所で平たい芽を出していたが取り損ねた・・・


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ