大夕張駅前の移り変わり

5265

大夕張駅から駅前通り風景の写真を3枚。昭和20年代から昭和40年代への20年間の市街地の発展は目をみはるほどです。炭鉱隆盛の時代。昭和48年の閉山から25年を経た老朽化した建物は時代の流れを示しています。昭和20年代の写真は夏の日の午後でしょうか。通りを歩く人々の声が聞こえてきそうで心に残ります。後ろに見える夕張岳の姿はいつの時代も変わらず美しい・・・。

大夕張駅前の移り変わり
1970年頃(昭和45年頃)右手前に礦業所の緑町詰所。左手前に郵便局。奥のシューパロ川に向かって道の両側に商店が立ち並ぶ。
大夕張駅前の移り変わり
1998年(平成9年)閉山から25年後。すでに大夕張駅もない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × one =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ