9237

9237 思い出貼

9237

9237 北部移転当初の大夕張で昭和4年から昭和37年まで活躍を続けた蒸気機関車。 昭和35年 大夕張炭山 【北部ポイントで待機中の混合列車・入替えに活躍した9237号】   奥山 道紀 9200形機関車は,昭和4年専用鉄道の北部延長,自営運転開始に合わせて美唄鉄道より譲受ました。 以来,「9201…
1929年(昭和4年) 昭和

1929年(昭和4年)

1月 22日,大夕張の駅名を南大夕張,北部駅(主として旅客の乗降及び購買会用品等少量の貨物を取扱うを目的とする)を大夕張駅と改称。 終点を通洞駅(一般乗降客を取扱わず専ら石炭積出し及び砿業所物資の積卸しを行うを目的とする)と命名。2月 4日,この日から客車2両を連結運転。4月 主夕張青年訓練所設置。…