僕と木

僕と木(2000年6月25日)|飯田雅人 訪問記

僕と木(2000年6月25日)|飯田雅人

富士見町2丁目の大木の辺り (平成12年6月25日)  すでに住人の立ち退きが終わり,建物がほとんどの取り壊された,大夕張だけれど,街あとをあるけば,草や木々に被われてはいるものの土地がある限り,記憶につながるモノにまだめぐり合える。  富士見町3丁目と2丁目の間に大きな木が立っていた。 ささやくん…
1999~2007年までの大夕張 『僕と木』 1丁目1番地

1999~2007年までの大夕張 『僕と木』

『僕と木』という拙文の中の不要なリンクを削除しました。 読み返してみて思うこと。当時大夕張に、大夕張に帰ればけっこう細かい記憶までよみがえらせていたんだなあ、ということです。道ばたの木でさえ、生活の中での道しるべになっていた。行ってこそわかる、遠くで思い出すのとまた違う思いだしかたがあると、感じたも…