1955年

ダイコン干しの一服 楽しかった日々

ダイコン干しの一服

昭和30年頃 春日町。 前回の『ダイコン洗い』の住宅と同じ家の屋根の上だろう。   冬の漬物用に縄であまれたダイコンをつるし、その後の一服なのだろうか。が、それにしては、靴も、服も余所行き(ヨソイキ)過ぎる。撮影用に屋根に上がった?    片手に煙草をもってのんびりと座る一家の大黒柱たる主人と、そば…
ダイコン洗い 楽しかった日々

ダイコン洗い

昭和30年頃 春日町のどこからしい。 10月頃だろうか。 秋晴れの日を見つけて、ダイコンを素手、たわしでごしごしと洗い、縄でダイコンを編む。そして軒先にすだれのように干した。 今でもこの時期、外を歩いていると近所でも縄に編んだダイコンが干してあるのをみることがあるが、滅多にみなくなった。 大夕張から…
桜ヶ岡 3号つり橋から鉄橋 思い出の街角

桜ヶ岡 3号つり橋から鉄橋

昭和30年頃  桜ヶ岡開拓地と外部をつなぐ、つり橋。  このつり橋は、明石町と開拓をつなぐ白銀橋(開拓橋)より南側シューパロ湖よりにかかっていたらしい。    前方に見える鉄橋は、五十鈴沢橋梁のようだ。  このつり橋は、当時、ゆれが大きく、雨の日などはよく足元が滑り、通行には危なっかしく、たいへんだ…
シューパロ川 川遊び 楽しかった日々

シューパロ川 川遊び

昭和30年頃 本間正雄さんが、シューパロ川上流に泳ぎに仲間といったという際の懐かしい写真。 年上らしい二人の人物がうつっているが、筋肉質のたくましく、がっちりとした体つきをしている。 知り合いの子どもたちをつれての川泳ぎだったのだろうか。   白黒写真に着色した画像…
洗濯 楽しかった日々

洗濯

昭和30年頃 春日町?  昭和30年代中頃、家庭に洗濯機がやってくるまでは、天気の良い日に、外で、たらいに桶で水をくみ、洗濯板を使っての作業だった。  私が子どもだった頃は、母親が洗濯をしているのをそばで手伝うわけでもなく、(手伝いは、かえって母親にとってはじゃまになっただろう)周りをうろうろとして…
昭和30年 鹿島東小学校 運動会 学び舎の思い出

昭和30年 鹿島東小学校 運動会

昭和30年頃の鹿島東小学校運動会  鹿島東小学校のグラウンドは低いところにあり、周りをシューパロ川が流れています。  さわさわと流れる川のせせらぎと子供たちの歓声が聞こえてきそうです。  運動会を見つめるおじさん、おばさんたちののんびりした雰囲気が伝わってきます。   白黒写真に着色した画像   東…
採炭小泉組  炭鉱とともに

採炭小泉組 

白黒写真に着色した画像   採炭小泉組 【斎藤敏幸】(2021年5月8日)   昭和30年代前半   当時採炭作業は、組ごとに、組織がありました。 採炭組には、それぞれ熟練に応じ、大先山、先山、後山とありました。 父は先山で石炭を掘っていました。   何かの折に、坑道から出てきたタイミングで   撮…
大夕張ダム完成による常盤町の水没家屋  思い出の街角

大夕張ダム完成による常盤町の水没家屋 

 この『大夕張ダム完成による常盤町の水没家屋』の資料を作ってくださった岩田さんは、昭和24年に常盤町が建設された際、新しく完成した炭住に宝町から引越しました。    初代暁橋の入り口、左側の『No.266,50』の住宅。青い線で囲まれた住宅です。  ここから、大夕張幼稚園、鹿島小、鹿島東小、鹿島中に…
大夕張礦業所 事務所 炭鉱とともに

大夕張礦業所 事務所

 昭和30年代、ゲートを通って中にはいったところで、正面に事務所が見える。  子どもの時、一度、ゲートをくぐってこの広い庭のある場所に来たという、遠い記憶がある。  なぜ、子どもがここに来たのか、遊んでいるうちに、大人の目をかいくぐって入り込んだのか、大人と一緒に連れられてきたのか、誰と来たのか? …
子どもとスキー  思い出貼

子どもとスキー 

 昭和30年頃、八百五十のゲレンデにて。父が友人のご家族と一緒にスキーにでかけた時の写真。息子さんのカメラへ向ける眼差しが可愛らしい。 白黒写真着色した画像   竹ストックとスキー  【飯田雅人】  このストック、今見ても全然違和感ありません(笑)。  多分自分がものごころがついてスキーに初めて接し…