冬の裏山

5869

 

富士見町の住宅地から八百五十への尾根へと続く山。

昭和35年頃、富士見町6丁目の礦業所の前の坂の登るとてっぺんの家、坂の一番上の住宅に引っ越すことになった。

 

当時薬局にいた大橋秀雄先生が引っ越すことになり、その後に入ったのだった。

二軒一戸建ての住宅の、隣に田中さんが入っていて、その家には同じ年頃の兄弟二人がいた。

 

我が家の兄弟二人と四人で、仲よく遊ばせてもらった。

 

 

山側が玄関で、目の前には石炭ストールから出る灰捨て場があった。その崖の下は小さな沢が流れ、沢をこえるとすぐに山にいけた。

 

 

四人の子どもたちの遊び場は、夏冬問わず山だった。

 

 

山の斜面をすこし登ると、東の方に前岳から夕張岳にかけての姿がよく見えた。

 

だが、反対側のこの山をずっと登っていくことはなかった。山の中に入っていけないと漠然と思っていた。

 

だから、この山を登ってそこに頂上があり、そこからどんな光景が広がっているのか、見たことも考えたこともなかった。

 

  

木々が繁茂するある程度の高さまでは、畑になって開けていた。

笹や木の切り株、朽ちた木が広がる土地の上に雪が降り積もる光景に、大夕張らしさを見出すことができるだろうか。

 

 

 

 

白黒写真に着色した画像

 

昭和30年頃 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ