湖畔の森林鉄道橋 秋 

23025

 

 シューパロ湖対岸の桜ヶ丘地区にかかっていた森林鉄道の橋梁群の一つ。

 三弦橋を一号として、夕張岳直下に向かって六号までの橋があった。

 

 大夕張からいくと、湖畔亭対岸付近から三弦橋までの間に、四号から二号までの三つの橋が見えた。

 

 

 上部がトラス型をした鉄橋は、湖畔亭対岸の四号橋(前回『秋の森林鉄道』で紹介した)と、この写真の二つであり、三弦橋と共にひときわ目立った。

  

  

 この橋は、二号橋とよばれ、いちばん三弦橋よりにあった橋である。

  

 

 三弦橋とともに、この形をした二つの橋のシューパロ湖に浮かぶ姿は、子ども心に美しさを感じさせた。

 

 二つの橋のうち、どちらというと尺の長い四号橋よりも、短いこちらの橋の方が、自分はより好もしい感情を抱いていたようである。

 

 

2002年10月27日 撮影

 

 

 

下夕張森林鉄道夕張岳線 四号橋

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ