今さんの写真

997

 備忘録という名のこのカテゴリー、『ふるさと大夕張2丁目3番地』の自分のための備忘録なんだけど、今日は、写真についての話題。

『ふるさと大夕張』にある写真、その中の60枚ほどが、今さんの写真です。

 正確にいうと、「今雅秋さんという方が、お父様のアルバムから提供してくださった写真」です。2006年頃のことです。

 それらはあと数枚で、今の『ふるさと大夕張2丁目3番地』に転載を完了します。

  

 『ふるさと大夕張』の写真、各々出典を記載していますが、『2丁目3番地』にはあえて、記載していません。

    

 今さんの写真は、ファイル番号が、a_xxx.jpgという名前の写真です。(PCでご覧になっている方はわかると思います)

 だから、検索窓で、『a_』と言うキーワードで、打ち込むと、写真の掲載されているページが、まとまって出てきます。

  

 さらに今回、『タグ』に、『ko』というキーワードをつけました。(konさんのkoです)タグで、『ko』をクリックすると、同じようにずらずらっとでます。(ちなみにこのページの『タグ』にもつけました)

   

 『シューパロ湖駅待合室』というタイトルの写真に、今さんがお父様と一緒に写っています。大夕張ダムが完成し、シューパロ湖駅が開業したときの記念の一枚だったのでしょうか。

 今さんは、「ふるさと大夕張」の掲示板に投稿しています。写真の背景を知るという意味で、こちらに書き置いておきたいと思います。


初めまして 【リブ】 (2006年5月1日)


こちらのHPに多数の画像を掲載して頂いている今雅秋です。
ネットではリブと名乗っております.

ちと自己紹介を、昭和33年に鹿島緑町で生まれましたが、炭鉱事故で親友を亡くした父は、その事がずうっと心にあって昭和37年に、親戚一同の大反対を押して家族で神奈川に移りました。

 

 そんな訳で大夕張の事はあまり覚えていませんが、親戚や隣近所の人が大勢居て、どこへ行っても声を掛けられた事、提灯を下げて「ろ~そくちょ~だい」と言いながら近所を回った事、お祭りの時は天狗?が歩いて来てかなりビビッた事などを憶えています。


  

 昭和33年・・・私と生年が近い方で、お父様の写真も、昭和20年代から、昭和30年代後半までのものと思われます。

 かつてやり取りしたメールでは、親戚が多く、春日町に何軒かいたということです。

 60数枚の写真には、大夕張の全景写真と並んで、春日町の写真が数多くあります。大夕張ダムができる前の『桜ヶ岡』の写真も多いです。

 ご親戚の縁で関わりが深かった場所なのでしょうか。今となっては、確かめるすべもありませんが・・・。

 写真が珍しかった時代、よくこれだけたくさんの写真を残して下さったものだと思います。そして、それが「ふるさと大夕張」へ御縁でつながってくれたこと、有難い幸運です。

    

 先に述べた、『ko』のタグで表示されるページへのリンクを貼りました。

  

 https://ooyubari.com/tag/ko/

 

 こうして背景を知り、まとめて見てみると、より親しみをもって風景が見えてくるかもしれません。

 まだまだ粗い色付け写真も目立ちます。これから着色しながら写真の隅々まで目を通し、鑑賞!?しながら、楽しませてもらうことにします。写真には、賞味期限はありません笑。

(2021年3月20日 記)


備忘録

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 2 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ