汽車にハネられそうになった小型トラック|高橋正朝 #69

5563

 

 この話は、私が10年ぐらい前に、鹿島中学校の1年生のときと2年生のときに同級生だった女子生徒に、バンコクから電話した際に聞いた話しだった。

   

 そのときは、大して気にも止めずに聞いていたのだが、〘 ふるさと大夕張 〙にそのことを投稿せんがため、それを了解してもらうことと、不確かだった内容を確認するために、数日前に電話した。

    

 鹿島東小学校4〜6年生のときと、鹿島中学校3年生のときに同級生だった男子生徒の苗字が U のシカと衝突した交通事故のことを投稿してから、女子生徒の表題の話しを思い出し、そのことを書こうと思いたったわけだ。 

   

 最初は何だかんだ言って渋っていたものの、投稿することを結局 OK してくれた。 気がいいんだよなぁ、彼女 ••••••。 

  

 彼女は、鹿島高校を卒業し、18歳になっていたからすぐに自動車の運転免許を取得した。

 我々の年代としては早い。

 実家が商売していたから、配達の手伝いのためだった。 遊びのための運転免許取得ではなかった。

    

 ある日の午後2時ぐらい、商品を小型トラックで、本覚寺に届けに行った。 本覚寺は、皆さんご存知の通り、錦町の坂の道を上った突き当たりにあった。

    

 配達を終え、小型トラックに乗り込み、エンジンをかけた。

 何となく、

 

〘 あぁ、今日はお寺に来たんだなぁ ••••• 〙

 

と、彼女は感慨に耽けながら坂道を下って行った。

    

 大夕張鉄道の線路を渡ろうとしたが、線路の真ん中でエンストになってしまった。

 線路上のエンストというのは、焦るものだ。 しかも、そこに汽車が現れ、運転士と助手は、小型トラックが線路上に立ち往生しているのを見つけ、汽笛を鳴らし続ける ••••••。

    

 彼女は、焦りに焦ってアクセルを踏んだり緩めたりする ••••••。

    

〘 もう、ダメか •••••• 〙

 

と思ったが、小型トラックは、うまい具合に線路を抜け出たので、九死に一生を得た。

    

 汽車が急ブレーキをかけなかったら、彼女は、良くて大怪我、下手をすれば、異界に行ったかもしれない ••••••。

    

 彼女が、配達を終えて帰途についたとき、〘 あぁ、今日はお寺に来たんだなぁ •••••• 〙という感慨を持ったので、案外、仏様の加護があったのかもしれない。   

 

 この女子生徒は、元理科室だった2年 K 組の人研ぎの実験台に、苗字が N の男子生徒に正座させらた S 子である。

(2021年12月11日 記)


(筆者略歴)

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。   

   


1件のコメント

  • 昭和40年頃の話だろうか・・・。
    すでに配達のクルマが走っるようになってきていたんだ。
    商店街や駅前の通りは、クルマが比較的見られる様になっていたが、富士見町の住宅道路は、狭く勾配がキツかった。
    しかも降る雨が、土を削り、でこぼこ道になっていた。
    _
    馬車が石炭を運んだり、三輪のし尿処理車が、各家の便所口まできていたので、よくその後を追いかけて走った。
    それに比べると、錦町の本覚寺前の坂道は比較的広くかった印象で、近くの営林署官舎に住んでいたT君とキャッチボールをして遊んだ。下側になると外したボールを取りに行くのが大変なので、とても緊張した。
    小学校前の踏切は別として、各所にあった踏切は、おそらく人が通る前提なので、かなりせまかったはずだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

one + 20 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ