昭和48年 スナック『しのぶ』と味の店『はるみ』

2951

この年、1973年(昭和48年)4月19日に会社から閉山提案。

世帯数3246のうち、商店、2百数十世帯が、炭鉱とともに生活してきた。

町全体の存亡の危機の中、商店も5月28日に行なわれた炭労のゼネストに参加したという。

閉山阻止の運動もむなしく、8月大夕張炭鉱は閉山となった。

 

写真は、岳富町商店街の中にあった、スナック『しのぶ』と『はるみ』。

小原楽器店から千年町方面に数えて3軒目にあった。

昭和45年の岳富町商店街の写真にも看板がうつる。

白黒写真に着色した画像
小原楽器店から千年町方向に数えて3軒隣り。

大夕張における4月の閉山提案から、8月の閉山までの間の動きが、組合の視点で次の資料にわかりやすくまとめられている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × five =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ