昭和26年鹿島東小学校

1210

千年町、シューパロ川そばにあった鹿島東小学校。

昭和26年、開校。木造校舎2階建。鹿島小学校の児童数増加により分離。

千年町、常盤町、明石町、鹿島開拓の児童が、当時13名の教職員とともに鹿島小学校より移動した。

児童たちは、自分たちが使う机や椅子を背負い、教師に引率されて移動したという。

 

当時をふり返って、鹿島東小学校に児童とともに移動した浜出榮子先生は、次のように書いている。


 

 【当時をふり返って 浜出榮子(『鹿島小閉校記念協賛誌』より)】


 私は昭和24年の秋に鹿島小学校へ転勤してきました。

 当時の鹿島は石炭産業の興隆期で、町は人口増で昼も夜も商店街には人があふれ、にぎやかな活気のある町でした。

 小学校も児童数の増加でマンモス化した校舎は教室が足りないので、低学年は2部授業を行い、高学年は体育館を間仕切りした仮教室を使用している状態でした。

 簡単な板じきりの壁で、天井があいているので、となりの教室の声や音がうるさくて、教師と子どもの対話が伝わらないため授業を進めていくことは大変だったようです。

 でも11月になって、それまでの校舎の一部を占めていた中学生が、常盤町に新設された中学校の校舎に移っていきましたので、体育館の間仕切り教室は解消されたのです。

 25年度に私は6年生の担任でしたが、松・竹・梅・櫻・菊・桃・藤・桐、とクラスが8クラスもありました。

 当時の全校児童は2600名程でした。

 全校朝会などはどのようにしていたのか思い出せません。 

 昭和26年に、このマンモス学級解消のため、鹿島にもう一つ小学校が建てられました。

 東小学校と名称がつけられました。

 千年町、常盤町、明石町が東小学校の校区となり、各学年2学級ずつ編成され、合計614名児童が6月に東小学校に移転しました。私もその中の2年生の担任で、一緒に移りました。 

 ふたたび昭和30年には宝町、錦町、泉町が東小学校の校区に加えられ東小学校へ移りました。

 鹿島小学校は2つに分かれていた職員室が、もとの一つにおさまり、2部授業も解消されていったのです。


 

下の写真は、開校してまだ間もない鹿島東小学校。

白黒写真に着色した画像

正面玄関を南方向から撮影

 

鹿島東小学校校舎平面図

『鹿島のあゆみ』掲載、昭和53年頃

鹿島東小学校の沿革についてはこちら↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 4 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ