栄町 3丁目・4丁目 1番地~11番地

105

 栄町3丁目と4丁目の1番地~11番地を切り取った地図。

 

 駅前通りから数えて1番地、排水溝を流れる沢水が通るところまでが11番地。

 2丁目と3丁目の間の通りは、代々木町との境のバスが通った通りと同じような広さがあり、この地図で見るよりもっと広かった印象。

 お祭りの子ども神輿の行列もこの2丁目と3丁目の間を通っているものをよく見かける。

 それだけ人が多く住んでいた住宅の仲通りだった。

 自分も小学生のころ、駅前通りから池田屋食堂と荒川商店の角をまがって、自転車に乗って走っていた。

 昭和40年代は、栄町商店街の裏から、このあたりまで、すでに空き地もあったり、児童公園になったりしてるスペースもあったが、昭和30年代の頃の写真を見ると、1丁目から27丁目の端の方までびっしりと炭鉱住宅が並んでいた。

 

 開坑当時、礦業所は、栄町に1棟8戸建(1戸の建坪7.5坪6畳1間押入付)4.5畳と台所、外物置の外水道、外便所の木造平屋の炭鉱住宅を建てた。

 

(昭和43年住宅地図)

栄町3丁目・4丁目 1番地~11番地

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − seven =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ