鹿島のあゆみ 北部が大夕張になってから (その1)

2691

前回につづいて、鹿島小学校郷土学習資料室壁面掲示の歴史年表『鹿島のあゆみ』から。

昭和に入り、10年(1935年)頃まで街づくりが進むころ。

 

 

鹿島のあゆみ

北部が大夕張になってから (その1)
 

1926年(昭和元)

三菱礦業所が北部大夕張の開坑に着手。

1927年(昭和2)

美唄礦業所から独立し、大夕張砿業所となる。(

通洞開さく工事はじまる。

1928年(昭和3)

公立主夕張尋常小学校開校 (費用 三菱礦業所)

鹿島に火葬場できる。 鹿島墓地できる。

1929年(昭和4)

南大夕張~北大夕張間に 三菱礦業所専用鉄道開通する。

石炭業界も不況

大夕張劇場できる。

大夕張神社できる。

1930年(昭和5)

三菱礦業所 南大夕張事業所廃止。

労働者の大部分は 北部大夕張へ移動する。

大夕張郵便局できる。

公立大夕張消防組できる。

出炭量約29万トン

1932(昭和7)

清水沢~大夕張間道路建設計画 会社賛成せず実現できなかった。

1934年(昭和9~17)

主夕張・下夕張森林鉄道完成

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ