月: 2020年1月

第1編沿革 第2章 南部時代 山史

第1編沿革 第2章 南部時代

第2章 南部時代 1、開 闢  明治21年夕張炭田の大露頭発見以来、附近炭砿の開発が盛となり、二股(現南大夕張)夕張川岸15尺露頭が発見されたが、地形峻険にして輸送困難のため開発は進まなかった。  明治31年頃、福山某がこれの試掘権を得てより福山抗と称されたが、その後数名の手を経て川崎茂実の名義とな…
第1編 沿革 第1章概論 山史

第1編 沿革 第1章概論

第1編 沿革 第1章 概論 明治39年1月18日 二股(現南大夕張)福山抗の試掘権を有する川崎繁実が逓信省鉄道局に対し、清水沢・二股間5哩40鎖の専用鉄道敷設免許を申請するに始まり 明治39年6月 京都合資会社が組織され権利一切を譲り受け 明治39年8月2日 鉄第884号をもって専用鉄道敷設免許を受…
山史 紹介 山史

山史 紹介

山史 自、明治39年至、昭和38年三菱大夕張鉄道58年史 ※山史について  「山史」は三菱鉱業㈱の各炭礦・鉱山毎に編纂された各鉱の沿革史で、大夕張では昭和38年に当時の礦業所長・岩間氏の命を受け編纂が開始され、「鉄道部門」のみが鉄道課主任・菊池武人氏により取りまとめられました。   炭礦部門は完成に…
9201 思い出貼

9201

9201 北部移転当初の大夕張で昭和4年から昭和38年まで活躍を続けた蒸気機関車。 昭和35年大夕張炭山   【北部ポイントで待機中の混合列車・入替えに活躍した9237号】 【奥山 道紀】 9200形機関車は,昭和4年専用鉄道の北部延長,自営運転開始に合わせて美唄鉄道より譲受ました。 以来…
昭和28年7月18日 稚児祭 千年町高田商店前にて 思い出貼

昭和28年7月18日 稚児祭 千年町高田商店前にて

よく見ると写真の表札の左下に「三二番」という札がかかっています。この写真を巡って大夕張掲示板で、次のようなやり取りが行われました。長くなりますが、引用します。   もう一枚 お稚児さん(S28年7月) 投稿者:飯田雅人 投稿日:2003/11/15(Sat) 00:22   もう一枚 お稚…
昭和32年大夕張(パノラマ) パノラマ

昭和32年大夕張(パノラマ)

昭和32年の大夕張。大夕張神社からとった4枚の写真を合わせてパノラマにしました。 つなぎめのところの処理がうまくできていないので、目障りですが、別の記事で、一枚一枚の写真を紹介します。 ※もとの画像にリンクをはっているので、拡大してみることができます。 4枚の写真を合わせたものをカラー化したもの 4…
2015年千年町|桂 訪問記

2015年千年町|桂

2001年NHKBSドラマ『私のふるさと物語』仕掛け人/大夕張を愛する人  千年町の通りに行くところなのですが、行きたければまず新R452の橋の脇の急斜面をショートスキーで降りるしかないってミッションもあって…今ならこれ、時効になるのでしょうか  街も家も残土の山も雪の中…綺麗ではあったのですが、一…