2808

昭和48年鹿島東小学校校内放送(閉山特集)

昭和48年7月、閉山が決まった大夕張で、当時鹿島東小学校で視聴覚を担当していた山中先生が、石野先生、吉田先生、用務員の中谷さんの協力を得て、放送委員の子ども達とともに作った校内放送作品です。大夕張の歴史をふり返り、閉山と向き合っていこうとする放送です。


石野先生  【福山 美佐子】

東小を卒業し、鹿島中に入学した年でしたので、この放送は知りませんでした。
石野先生懐かしい!
1.2年生の時の担任でした。
他界されましたが、5〜6年前に栗山に住まわれていた時に、同級生と一緒に会いに行ってきました。
何百人もの教子がいるはずなのに、ちゃんと覚えていてくださり嬉しかったです。

帰りに「美佐子!メロン持ってけ!」って、夕張メロンひと玉いただきました🍈

本当によく覚えていて下さって嬉しかったです!

1件のコメント

  • これまでパスワードをつけていましたが、より多くの方に聞いていただきたく、パスワードを外しました。
    ほとんどの親が三菱大夕張炭砿に関係して働くという炭鉱街の学校。
    昭和48年、炭鉱の閉山という事態を迎えた、当時の子ども達の心に寄り添いながら聞いていただければと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − eight =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ