830

消える街からの伝言2■第三楽章■『雪のシューパロ』 スプート二クス|久々湊眞一

大夕張が最盛期だった「1960年代」街には様々な歌が溢れていました。当時の音楽をイメージしてみましょう。あなたは何を思い出すでしょうか。

■第三楽章■『雪のシューパロ』 スプート二クス(演奏時間2分11秒)

スプート二クスは大夕張の雰囲気とマッチする。ロシア民謡が入っていた。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 5 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ