蓄電池の硫酸|高橋正朝 #54

1455

 私が、鹿島東小学校4年生の初夏のころ、学校から帰ったら、玄関に見馴れないものがあった。

 蓄電池である。

 父親は、すでにオートバイを持っていたが、玄関にあった蓄電池は、そのオートバイ用ではなかった。

 その蓄電池は、自動車用で、誰かから充電を依頼されたもので、我が家で充電している最中だった。

 当時、アルカリと酸の名詞は知っていた。 マンガ雑誌の科学記事や、マンガのページの端の1行の雑学文に、石けんが、なぜ目にしみるかなどで、アルカリのことが、書かれていたからだ。

 夏ミカンは、なぜ酸っぱいかで、酸のことが書かれていた。 だから、アルカリと酸の名詞は知っていた。 しかし、それだけで、化学的知識はゼロだった。

   

 酸の種類については、硫酸の名称だけ知っていた。 これは、美空ひばりが、舞台に近寄った女性に、硫酸をかけられた事件で知った。   

 

 この事件は、私は、新聞を読んで知った。 ただし、硫酸の漢字のヨミは知らなかった。 読めない漢字は飛ばしながらも、美空ひばりが、何かをかけられて、被害を受けたことは理解した。

    

 この稿を書くために、ネットをチェックしたら、1957年1月13日に、その事件が起きていた。 かけられた液体は、塩酸と出ていた。

   

 上記のように、私が新聞を読んだときは、硫酸の漢字のヨミは知らなかったが、そのときの漢字が、塩酸だったとしても、ヨミは知らなかっただろう。 当時、塩は専売制だったので、濃紺地に白抜き文字で、塩と書かれた、金属製の看板が、店先に表示されていた。

 だから、塩という漢字は、シオと読めるのだか、エンとは読めないボンクラな頭だった。

    

 私の周囲は、美空ひばりがかけられた液体は、リュウサンと言っていたように思う。 十数年後に読んだ雑誌のなかの、美空ひばりのことに関した記事では、この事件のことは、やはり、硫酸と書かれていた。

    

 間違いではあるが、ただ、一般的には、酸の種類の代表的な名称として、硫酸の名がすぐにでてくるので、硫酸という名称が安易に使われていた可能性はある。

   

 私は、子ども時代から、最低、夜間に2回起きて小便に行くのだが、明け方、便所に行こうとして玄関の戸を開けたら、充電が終了していた蓄電池が目についた。 発作的に、セルのキャップを開け、人差し指をちょっと突っ込んでみた。

    

 指は、5〜6mm、1秒間ぐらい突っ込んだ。 そして、あろうことか、それを、ちょっと舐めてみた。

    

 結論としては、何ごともなかった。 何の味もしなかった。 人差し指の濡れた部分と親指の腹をこすってみたが、ちょっとヌルヌルするかなぁ ? とは思っただけだった。 石けんのようなヌルヌル感はなかった。

   

 しかし、このことは、誰にも言わなかった。 誰かに言って、回り回って、親の耳に入ったら、大目玉を食らうことは、必定だからだ。  

(2021年8月21日 記)


  (筆者略歴)

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。

 


1件のコメント

  • 子供心に衝撃的な事件だった。よく覚えている。しかし、
    『今から62年前の1957年(昭和32年)1月、人気歌手美空ひばり(当時19歳)が客席にいた同じく19歳の女性ファンから塩酸をかけられた事件、俗に「美空ひばり塩酸事件」が発生した。』
    というように、実際に起きたのは、昭和32年1月、私は、生まれて10ヶ月だ。
    当然、リアルタイムで知っている訳はない。
    しかし、リアルタイムで知っていたかの如く、よく覚えている。
    当時の映画ニュースや、昭和30年代、後に隆盛になったTVの番組などで繰り返し、放送され、すり込まれて行ったのだろう。
    たしかに『硫酸』で覚えていたようで、このことを通して『硫酸』=危険のイメージが頭の中で作られたと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here