栄町から富士見町

674

 購買会栄町支所からプールまでの間には、空き地があった。

 栄町の購買会横には踏切もあり、この空き地では、小学校低学年の頃(1960年代前半)よく遊んだ。

 一人遊びの記憶。一人で遊ぶとろくでもないことを思いつく。見ての通り線路への柵もなく、土手をちょっと上がると線路だ。

 踏切もあったが、人が通る小道の間に枕木のような板が通してある簡単なもので、もちろん遮断機のようなものもなかった

 列車が去った跡線路に耳を押し当て、タタン、タタンと走行音を楽しむのは、よくあることで、危険なんてことは一つも考えなかった。

 しまいには、罐にくべる石炭を「こら-」といって、機関士さんが、スコップでまき散らして、自分は逃げた記憶もある。なんか悪いことやったんだなと思うが、何をしたのかは忘れてしまった。

  

 その空き地をはさんで栄町1丁目20番地から富士見町に向かって撮影された。

 富士見町3丁目あたりの住宅が写っている。

 昭和48年、初夏の頃か、タンポポの海の向こうを白煙を上げて『No.7』が進む。

白黒写真に着色した画像

白煙上げて駆ける 『No.7』

 この素敵な写真は、『煙の記憶』のブログの中の一枚。

 ブログを読んで、タンポポの空き地の向こうを行くNo.7の写真を見たいと思った。

 昭和48年閉山の年の大夕張。

 

煙の記憶道内の鉄道のみ撮影してます。三菱大夕張鉄道など古い順から投稿します。時々、変化球があるかも・・・
煙の記憶 umimosuki623.blog.fc2.com
煙の記憶

 

 

タンポポの空き地位置

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + 3 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ