『熊撃ち』の写真 後日譚

1562

 以前、『熊撃ち』と題する鹿島小学校の郷土室にあった古い一枚の写真を掲載した。

(その写真は、上のリンクから見ることができる。 また、この記事の一番下にもカラー化した写真を載せた。) 

 

 その後、『思い出の記』のコーナーを始め、各ページの投稿で、みなさんご存じのKawauchiさんからメールが来た。そこに写るハンターは、実はKawauchiさんの親戚だという。

 

 左に写る老人が、お祖父さん、右の片膝をついている若者が叔父さんなのだそうだ。

 

 メールには、Kawauchiさんのお兄さんが保管していたという写真が添付されていた。

送られてきた白黒写真に着色した画像

 

 精悍な顔つきの老人は、まさに『熊撃ち』の写真の人物と一致するではないか。

 

 Kawauchiさんによると、この人物は、戦後、パンケモユーパロ川沿いの下夕張・旭ヶ丘地区に入植し、開拓に努めたが、昭和30年代に、大夕張ダムの完成による水没で土地を離れ、その後の詳細は不明だそう。

 Kawauchiさんのお父さんは、戦地からの帰還後、しばらくお祖父さんとともに、下夕張で働いていたそうだ。

 

 詳しい話は、Kawauchiさんの話にふれられているので、そちらをご覧ください。

 

↓「下夕張 旭ヶ丘」の言葉で検索すると、出てくる。

下にリンクをはったので、クリックするとみることができます。

 

下夕張 旭ヶ丘で検索

 

  それにしても、今は無い鹿島小の郷土室の、古い一枚の写真が、こうして現代の私たちに意味をもたらしたことには驚いた。

 


 

備忘録

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

thirteen + two =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ