3号つり橋から橋を渡る列車 

1383

昭和30年頃 桜ヶ岡から、シューパロ川にかかる『3号つり橋』の上からちょうど、列車が大夕張方向に向かってやってきた。

目の前に見えるのは、五十鈴沢橋だろう。

大夕張ダムによるシューパロ湖が生まれる前の様子。

昭和32年まであった『農場前臨時乗降場』に続いたという崖の道も見えている。

 

白黒写真に着色した画像

つり橋を渡っていると橋の上にちょうど汽車がやってきた・・・


つり橋を渡っていると、鉄橋を渡る列車が、走ってきました。貨車と客車をつなぐ混合列車。大夕張方面に向かっています。ずいぶん高い鉄橋を走っていたのが、この写真からもうかがわれます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + seventeen =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ