昭和48年の街 その6

1944

 

 昭和48年(1973年)の大夕張の街。

 

 その3(富士見町の山の方の住宅地)から、ずうっと、その4(北栄町-官行の工場地帯)、その5(大夕張を中心にした駅前)と視線を巡らせて、足下には、神社の登り口でもある鹿島小学校のグラウンドが見える。

 

 下の様子が手にとるようにわかる。

 バックネットの前にバッター、マウンドには、ピッチャーがいる。2塁上には、ランナーがいるようだ。

 ショートはいるが、3塁らしきものはない。

 人数の都合上三角ベースなのだろう。

 

 大夕張駅と郵便局の建物の間の駅前通りを行き交う人たちの姿も、よく見える。

 

 両手を口に当て、「やっほー」と呼びかける。すると、やまびこの音に交じって、「やっほー」とだれかの返事が返ってきそうな・・・・。

 そして、確かにあの日、あの時、山の上から叫んでいた誰かがいたような・・・・。

 

 そんな気がする。

 

  

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × five =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ