大夕張の気温 | 高橋正朝 #162

31455

 

   

 〘 明石橋の上からシューパロ川 〙と題した、飯田さんが撮った、キレイな美しい紅葉の写真が、2023年09月09日付けで投稿されていました。 ホントに美しい。

    

 私が大夕張にいたころは、9月の中旬になると、山は紅葉に彩られていた。

   

 日本の気候が全体的にかわり、気温が上がった現在でも、大夕張の紅葉時期はそれほどの変化はないのだろうか? 

 真冬の時期は、目を完全に閉じるのではなく、景色を見ることができないぐらいに薄目にすると、マツゲが一瞬くっついた寒さだったのは、皆さんご存知のとおり。

    

 マツゲがくっつく時間は、一瞬なので、1秒もない。

 しかし、無駄な意味のないことに努力するのが私の特色だから、何とか数秒間マツゲがくっつかないかと何十回と試してみたが、成功したことはない。

    

 以前書いたことだが、私が3年間滞在していた大連は、大体―20℃ぐらいで―25℃になるのはあまりなかった。 

 この寒さを経験していなかった日本人は、骨身に凍みる寒さだと言っていた。 しかし、このぐらいの気温だと、マツゲはねっぱらなかった。

    

 大連でのプロジェクトの一つに、食品工場があった。

 そこの冷凍倉庫は、たしか、―40℃ぐらいであった。 その冷凍倉庫の試運転時には、10分間ぐらい入っていたが、マツゲはねっぱらなかった。 倉庫の中だったので、無風だったからかもしれない。

   

 ビル管理の仕事をしていたとき、スーパーの魚の冷凍倉庫に入ったことがあったが、このときの庫温は、―40℃で、約10分間いたが、マツゲはねっぱらなかった。

    

 アニキサスは、―20℃になると死亡するらしいが、冷凍倉庫の中の温度のムラ、及び物品の出し入れ時の扉の開放を考えての、―40℃の設定なのかもしれない。

    

 大夕張の子ども時代のように、薄目にして、マツゲを一瞬ねっぱらし、目をあけてパチッとした感触を得たいと思うのだが、これを経験することは、これからの私の短い人生ではないだろう。

 

  (2023年9月16日 記)



(筆者略歴)   

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。

メール宛先:taka-jp@outlook.com  (メール宛先変更になりました)


 

 

1件のコメント

  • 高校生の頃、井上陽水の『氷の世界』という曲が好きで聞いていた。
    もちろんレコードからカセットテープに録音して、何度も繰り返し聞いた。
    一人大夕張から都会に出て感じていた不安感、孤独感、そんな時期に聞いた曲だった。
      
    その歌詞と何のつながりもないが、厳冬期、朝夕学校に通う大夕張の冬はまさに『マツゲがひっつくような』雪の世界というよりは氷の世界だった。
     
    マツゲの先にのっかった雪、ヤッケに吹き付けられてカサカサと音を立てる雪。
    そんな白一色の世界は思い出となり情緒的であり美しくはあるが、今の生活の中ではあまり味わいたくないものの一つとなった。
     

     

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ