野に咲く水色の小さな花 |すっちゃん

13121

 

 本当に懐かしい風景の写真をみつけました。

 

 大夕張の春と銘打ったコーナーに、蕗と枯れ草?と、水色の小さな花が咲いています。

 

 小さい時から春日橋を渡っていくと、細い道端や、誰かが作っている畑に一面に咲いていた花です。

 私はその花が野のスミレとずっーと思っていましたが。

 

 こちらで野のスミレとは違う事が判明し、又見れる時が何時あるのかなあと、春になる度思い出していた花です。

 

 富良野を舞台にした風のガーデンの放送でも見ましたが、はっきりとは映らなかったので今はとても懐かしく見てしまった次第です。

 

 我が家の小さな庭には大夕張に行ったときに持ってきた水仙などを植えていますが、この花も是非仲間に入れたいくらいです。

 

 もう一度出会いたいと思っていた花なので、このページで叶いました。

 

 素敵なプレゼント?有難うございました。

 又楽しみに見させて頂きます。

 

(2010年5月28日 記)

随想

 

春日橋の先を歩いてわたると、そこら一面にさいていた花。

野のすみれと見紛う水色の可憐な花・・・

 

この方が見た花。いまとなってはわからないが、それでも水色の花と聞いて野の花の名に疎い自分にも浮かんだ花がある。

 

おそらく心の中に見たのは、『エゾエンゴサク』だったのではないだろうか。

 

一年を通して咲いていた、名も知らぬ野の花々。心の中に焼き付いているのは、自分も変わらない。

 

 

ちなみにエゾサンゴサクは、私が住む札幌の三角山の遊歩道付近にも春には群生をなして可憐な花を咲かせているそうだ。

 

(登山好きの近所の床屋のマスターが、写真を見せてくれました)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ