カルピス、不二家ハイカップ、森永コーラス | 高橋正朝 #185

12638

 

 私が大夕張に住んでいた当時、飲んだことのある乳酸飲料は、標題に挙げたもののうち、カルピスだけだった。

 他の2つは、カルピスに似たものであろうと想像していたが、実際に飲んだのは、東京に出てからだった。

 

   

 カルピスを初めて飲んだのは、私が、鹿島東小学校の1年生の、春が過ぎるか夏に入るかという時期だった。

    

 父親の知人が、札幌から来たとき、手みやげとして持参したものだった。

    

 その人は、〘 トクダさん 〙といい、明石町番外地の我が家に、2年間ぐらい同居していた。

 背丈は普通だったから、当時のことだから、せいぜい 165 cmぐらいだったろうと思う。 細身の優しい人だった。 職業は、父親と同じ電工だった。

 

    

 大夕張の景気が絶好調の時期だったが、私が幼児だったこともあり、理由は不明だが、〘 トクダさん 〙はやがて札幌に転居した。

 その後、3回ぐらいは、我が家を訪問していた記憶がある。

 当時、札幌から大夕張にくるのは容易ではなかったろう。

 

   

 最初のときの手みやげは、赤いシロップだった。

 水で薄めて飲むヤツだ。 このときの私は、幼稚園にも入ってなかった。

     

 その後、〘 トクダさん 〙がきたときに持参したのがカルピスだった。

   

 このときが、私が生まれて初めて飲んだカルピスだった。 水で薄めて飲んだ赤いシロップより、格段に美味かった。

  

 私が大夕張時代に飲んだカルピスは、このときも含めて、せいぜい3〜4回ぐらいのものだった。 当時は高価なもので、日常生活で、簡単に買えるものではなかった。

    

 当時のカルピスの広告のキャッチフレーズは、〘 初恋の味 〙。

 イラストデザインは、ファッショナブルなハットをかぶった若い黒人女性が、微笑みながら、グラスに入ったカルピスをストローで飲んでいる絵だった。

   

 この広告イラストは、ネットで検索すると、今でも見ることが出来る。

   

 この広告イラストは、黒人差別につながる恐れがあるということで止めてしまったが、私は理解に苦しむなァ ••••••。 〘 ちびくろサンボ 〙も然りだ。 

   

 私が劇画家のアシスタントを辞めたあと、電工として働いたとき、東急東横線の代官山駅で降りて、カルピスの工場に行ったことがあった。

 1人で2〜3日の仕事を、間をおいて、3〜4回ぐらい行った。 

  

 工場内であれば、カルピスは誰でも飲み放題だった。

 しかし、いつでも飲み放題とは言っても、紙コップに2ハイ飲んだのは初日だけで、その後は、1パイも飲まない日もあった。

 

 その後、カルピスの研究所の新設工事で、恵比寿に1年近く通った。

 新設工事とはいっても、本工事ではなく、本工事をするための仮設電気工事だった。

   

 当時、旧ビルの屋上には、上記で言及した、若い黒人女性の広告塔が、恵比寿駅のホームから見えた。

 目立つ広告塔だった。

 しかし、その新設ビルの屋上では、黒人女性の広告塔はなくなった。 新設ビルと書いたが、五十数年も前の話だ。

   

 カルピスの経営母体も変わり、独自経営から一時味の素グループになり、今は、アサヒ飲料グループなのは、皆さんご存知のとおり。

   

 カルピスのデザインも変わってしまったが、しかし、今でも、私は、カルピスというと、若い黒人女性のイラストデザインが目に浮かぶ。

 私にとっては、気にいったデザインだった ••••••。 

  

 (2024年2月24日 記)


(筆者略歴)   

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。

メール宛先:taka-jp@outlook.com  (メール宛先変更になりました)

  


   

 

1件のコメント

  • カルピスの印象的なCMが流れていたのは、高校生くらいのことだ。
    すでに大夕張は出ていた。
     
    オズモンドブラザーズ(オズモンズ)のジミー坊やが『wao!カルピス!』とTVの中のCMで叫んでいたのは、1972年の頃だからちょうどその頃だ。
     
    今にいたるまであまりカルピスを飲んだことはない。
     
    機会としては、「『サテン』行こう」とよく誘い合った学生時代だったろうが、そこでもメニューからカルピスを選択したことは、あまりなかった・・。
    喫茶店のメニューで、コーラは良く飲んだが、後に、カルピスコーラなるものも登場したが、こちらは飲んだことはない。
     
    だから初恋の味どころか、恋の思い出にもない・・・・。
     
     

     

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ