『写真掲示板』の消えたデータ

1188

 自分のための備忘録です。

 『写真掲示板』は、『ふるさと大夕張』(1丁目1番地)で運用していた(いる)旧来の掲示板のことです。

 大雑把にいって、今から20年前、『ふるさと大夕張』の掲示板で、写真を添付することもできる『写真掲示板』を立ち上げました。

 今となっては別にどうということもない機能でしょうが、当時としはそれなりの苦労がありました。
 意識的に保存していかないと、古いデータから順に写真が削除される仕様になっていました。

 その上、何度か「写真掲示板」を新しいものに更新していったこともあり、そんなこんなで、その間のデータがいつの間にか、散逸してしまい、今は、残念ながらほとんど、残っていません。

 現在の『ふるさと大夕張』(1丁目1番地)で見ることのできる写真掲示板のデータ以外、過去ログにも残っていません。

 2012年に3つのサーバーから、現在使用しているサーバーに移動した際、データを一つに纏めました。

 先日PCで、サーバーの中のデータを何気なく見ていると、そのデータの中に、いくつか写真掲示板に投稿されたと思われるデータを見つけました。

 投稿順にファイル名がついていて、コメントも残っていない写真データなので、なんの写真かわからないものが多くあります。しかも、ファイルは断片的で、すべてのデータは残っていないようです。

 ただ、投稿された当時のことをなんとなく覚えているのもあります。でも、どんな状況で、どなたが、なんの写真を投稿されたのか、ほとんど覚えていません。(いい頭です・・・・)

 なんとか、この20年以上に渡って、投稿され、消えてきたデータの内、たまたま、サーバー上に生き残った、いくつかのデータにも、日の光をあてることはできないだろうか、機会をうかがっているところです。

 ここでは、そんな写真の中の一枚を、アップします。

 この写真は、『写真掲示板』の最初に、どなたかが提供された写真を、自分が掲載したものだと思われます。
場所も、わかりません。



『 禁 一人以上通行 』

と、掲げられた小さな木製の危なっかしいつり橋を、犬を連れた少年が、一人と一匹で、つり橋の縄を頼りに渡っていく後ろ姿を捉えた写真。


 大夕張のどこかで、きっと見られた光景だろう、と思ってアップした気持ちだけは、今でも覚えています。

 でも、一人以上の通行を禁じたら、人は通っちゃいけないことになるのでは?笑。いまならこれも見られない表現ですね。


備忘録

1件のコメント

  • 二股ダムができる以前、対岸の開拓地(白金地区)に渡る吊り橋がシューパロ川に懸かっていた。
    それがこんな風な橋で、錆びたワイヤーで釣られていた。辺りには木が茂り、川面からは高かった。
    そうでなければ、無責任な言い方ですが、本流筋の橋ではないかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − four =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ