大夕張鉄道敷設案

1989

 昭和4年の(北部)大夕張開鉱以前、北部大夕張の炭田の有望なことが明らかになり3本の専用鉄道敷設案が検討された。

大正7年(1918年)

 7月、三菱鉱業が北部大夕張(鹿島)を調査し始める。

 北部開発第1次案として『北部大夕張-万字間』鉄道調査。

 万字の石川呉服店を根據として調査を開始するも急坂のため廃案。

 

大正8年(1919年)

 北部大夕張に石炭が発見された。

 北部開発第2案として、『夕張川本流を溯り、北部炭田』に達する計画が立案された。

 しかし、工事の着手には至らなかった。

 

大正10年(1921年)

 北部開発第3案として、『遠幌加別川を溯り、鹿島沢附近』に達する鉄道が立案された。

 実際に、遠幌-北部間の測量を開始したが、全線40分の1(1000分の25)の急勾配となる上、延長800メートルに及ぶ隧道のほか、2、3ヶ所の隧道を必要とする悪条件のため実現に至らなかった。

大正12年(1923年)

 北部開発を、第2次案を最良として測量開始されるが、関東大震災のため中止になる。

 

上のような紆余曲折を経て、最終的に

 

大正15年・昭和元年(1926年)

 8月 北部開発、第2次案の 『夕張川本流を溯、北部に達する』 通洞案に決定。

 

 南部二股市街から、ダニ峠を通り、通洞台地(鹿島小グランド)まで、馬により資材・機械を運び、 昭和4年の完成を目指し、 南部-北部大夕張間の鉄道工事が始った。

 

 

昭和4年(1929年)

 6月に、南大夕張~北部大夕張間で、三菱鉱業所専用鉄道が開通し、送炭を開始した。

 

 

 大正7年(1918年)の北部調査開始からあしかけ11年、昭和4年(1929年の)のことだった。

 

 

かしま
(「大夕張 鹿島でくらした日々」(H9)より)

上の図には、赤い点線で、3つの鉄道案が示されている。

灰色で示されているのは、当時、人が通った道と思われる。

下のリンクから、昭和2年の『むかしの道』のルートが、鹿島小学校郷土室の教材からわかる。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen − 14 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ