月: 2021年12月

湖畔の道路とジープ 思い出の街角

湖畔の道路とジープ

昭和40年頃?舗装化される前の鹿島道路。明石町から南部の間、昭和37年に開通したとはいえ、舗装道路になったのはずっと後のことだ。 明石町の郊外?自動車と併走するSLの走行写真で、よくみるような場所だ。 大夕張方面に向かって走る三菱・ジープ。 ジープ型の車両は、大夕張でよく見かけたタイプだ。   この…
札幌にあった三菱の宿泊施設 覚え書き 2丁目3番地

札幌にあった三菱の宿泊施設 覚え書き

 実は、『札幌にあった三菱の宿泊施設』は前回の『その3』で終了の予定だった。 記憶の中にあった、自分が泊まった北1西8の寮と、スキー部が泊まっていた南3西23あたりにあった寮。  この2つは記憶に確かにある。そして、北2東6の三菱鉱業寮にも泊まった人がいる可能性もないわけではないということだった。 …
湖畔の道路 思い出の街角

湖畔の道路

昭和37年(1962年)10月。それまで陸の孤島だった大夕張に陸路がつながり、街が大きな喜びに包まれた。 南大夕張ー鹿島間の間が開通して間もない頃の湖畔道路。 大夕張を出たり、入ったりするときは必ず誰でも通った場所でもある。   遠目に、これも開業間もない湖畔亭と、鉄道のシューパロ湖駅が写る。 シュ…
『安田のおばさん』の味|飯田雅人 思い出ばなし

『安田のおばさん』の味|飯田雅人

 今日,母がTV番組の道産子ワイドでやっていたからといって、『おふくろ煮』というおかずを作りました。  キャベツをあぶらげと一緒に煮たしょうゆ味の食べ物です。   これを食べるといつも思い出すのは『安田のおばさん』と呼んでいた一人の女性です。    昭和40年前後,父が北大病院に入院し、母が付き添い…
夕張岳 ~祖父のスケッチ帖から~ 絵画

夕張岳 ~祖父のスケッチ帖から~

黒い表紙の小さなスケッチ帖を開くと、昭和14年11月19日の夕張岳が描かれている。 表紙の裏に鉛筆の粉がついて、ページ全体が黒ずんでいるが、描かれた線はしっかり残っている。   かつて祖父の自宅仏間には、夕張岳の写真(『ふるさと大夕張2丁目3番地』に掲載している昭和28年の夕張岳)を引き伸ばして飾っ…
ミカン箱のそり | 内川准一 随想

ミカン箱のそり | 内川准一

 みかんの箱のふたを取ると、下から現れる絵柄のセロファン。    産地によって、いろいろと趣向を凝らしたみかんの絵だったり、凝った模様がセロファンの縁を飾っていたりしたものでした。   きれいなものは、南国に思いをはせながら、集めましたよね。  そして、箱の方は、最後には手作り「そり」になったもので…
昭和48年 閉山直前の大夕張の商店 あらかると

昭和48年 閉山直前の大夕張の商店

商店名は、『夕張市史(S56)』『鹿島のあゆみ』に、掲載されていたもの。これらに住宅地図や、写真にうつる看板、記事などから、町内名をつけて記載。   1973年(昭和48年)夏に大夕張炭鉱が閉山されと、大部分が移転を余儀なくされた。その一部は南部青葉町に新しい商店街を形成した。 閉山直後は、約4分の…
明治45年8月 大夕張炭山近況 陳列棚

明治45年8月 大夕張炭山近況

北海タイムス(1912年〈明治45年〉8月6日)記事 【大夕張炭山近況】 従来の施設と将来の計画 松隈鉱長曰く大夕張炭礦株式会社時代に於る同鉱の施設は 一見頗るハイカラ風にして 坑内外の経営は略ぼ完成したる如き 観かるも仔細に之を検覈せば 凡て外観を美装したるに過ぎずして 其実質に至りては確たる方針…
昭和26年鹿島小学校から児童とともに鹿島東小学校に移動した先生たち 学び舎の思い出

昭和26年鹿島小学校から児童とともに鹿島東小学校に移動した先生たち

昭和26年鹿島小学校から児童と共に鹿島東小学校に移動した教師(鹿島東閉校記念誌s53) 白黒写真に着色した画像   昭和26年鹿島小から移動した先生方【飯田雅人】 男姓8名、女姓6名の計14名の先生。鹿島東閉校記念誌や、鹿島小の記念誌などの職員の名簿から、お名前を調べたのですが、それらの冊子では、移…
雪の降る夜の大夕張|高橋正朝 #71 続・大夕張つれづれ

雪の降る夜の大夕張|高橋正朝 #71

   H という男性に出遭ったのは、私がリビアから帰国してから、3〜4ヶ月した春のことである。 だから、38年前にさかのぼる。     私が所属していた会社が、私を、ある商社に出向させた。 その商社の本社に行って担当者に会ったのは、そのとき1度だけだった。      その後は、その商社が一部分賃借し…
昭和26年鹿島東小学校 学び舎の思い出

昭和26年鹿島東小学校

千年町、シューパロ川そばにあった鹿島東小学校。 昭和26年、開校。木造校舎2階建。鹿島小学校の児童数増加により分離。 千年町、常盤町、明石町、鹿島開拓の児童が、当時13名の教職員とともに鹿島小学校より移動した。 児童たちは、自分たちが使う机や椅子を背負い、教師に引率されて移動したという。   当時を…
9201 運んだ、石炭を人を

9201

9201 北部移転当初の昭和4年から昭和38年まで、活躍を続けた蒸気機関車。 白黒写真に着色した画像   昭和35年大夕張炭山 入替えに活躍した9201号と9237号 【奥山道紀】    9200形機関車は,昭和4年専用鉄道の北部延長,自営運転開始に合わせて美唄鉄道より譲受ました。  以来,「920…