大夕張でのスキー|山本栄子

2986

私も60年前(小学生迄)、冬は毎日の様にスキー場に行ってました。

確か神社があり、そこから転ばぬ様に、かなりのスピードで滑り降りるのがベスト😆

ロープリフト❓

ロープにつかまって上がり、神社のある上迄行き滑り降りる単純な繰り返し。

 

手袋も雪がいっぱい、鼻水も。

 

今のようなスキーウェアも無く、寒くなると帰る。

 

車も走ってないので、家からスキーをはいたままで、往復。

 

手袋を取り替えて又行く。

 

懐かしいです

(2021年12月4日 記)


思い出ばなし

2件のコメント

  • スキー場そう言えば小学生の時には誰のスキーを借りたのか確かに何度か行ったことがある。
    ロープリフト?ロープトウ?最初の頃は途中で力尽きて後ろの人に迷惑をおかけた。

    その頃はターンの技術など持ち合わせていないので、そのま真っ直ぐ上まで登り僅かな度胸だけで直滑降。
    右手のほうから誰か滑り降りてこないようにだけ考え、下に無事にたどり着いたら少し得意気な顔をしてたと思う。

    その後、退職するまでスキーを続けることになるとは何とも面白いことだ。今のモーグルのようなことも挑戦したがその時は
    一度も無事に下まで降りたことはなかった。

  • 富士見町や栄町あたりにすんでいた人たちはとくに、スキーをはいたままスキー場にいけたのではないでしょうか。
    栄町アパートの窓から夜のスキー場が見えて、照明に照らされたスキー場が綺麗だったと、どなたかがいっていました。
    富士見町3丁目にいた自分には、オレンジ色の光に包まれたスキー場が横から見えていました。
    冬、大夕張の街のあちらこちらで見えていたスキー場だったでしょう。
    スピードがつくと、下の住宅に向かって突っ込んでいくようなスキー場でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × four =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ