湖畔のにぎわい

2584

 

同じ頃のシューパロ湖駅の写真とくらべると、こちらは、公園部分の工事がはじまったばかりという感じ。

知人から送られたこの写真の台紙には、昭和37年(1962年)7月1日の日付がある。暦では、この日は日曜日である。

 

ちなみにシューパロ湖駅は、前月6月1日に開業したばかり、そして、この年の秋10月に、大夕張の陸の孤島を解消する鹿島道路の完成を祝う開通式を迎える。ここ湖畔亭前で開通式、湖畔では道路開通記念碑除幕式が行なわれた。

 

今は未整備ながら、新しく出来た観光名所を楽しもうというわくわく感が感じられる。

 

汽車から降りた子どもたちの中に、首に浮き輪をかけた子どもの姿、湖畔の水遊びを楽しむのだろう。

水辺で休日を楽しむ人たち、水面に浮かぶたくさんのボート。

 

高いところにあるホームにも、大勢の人たちのざわめきが届き、湖畔のにぎわいが伝わっていただろう。

白黒写真に着色した画像

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 5 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ