歳末助け合い風景(永原呉服店前)

2698

大夕張労働組合解散記念誌『未来に向かって』より。

写真には、昭和32年12月15日と説明されているが、当時と大夕張では珍しい乗用車が映り込んでいる。ザッとネットで調べて見ると、トヨペットマスターという車ではないかと思われる。

場所は、千年町、永原呉服店前での歳末助け合い運動の風景。

 

永原呉服店は、千年町にあった商店。昭和43年の住宅地図には、永原商店として載っているが、昭和48年の閉山前には、経営者も変わり、山口呉服店になった。

大井質店の西隣り、パチンコニュー三洋(もとの大夕張劇場)のちょうど真向かいにある。

大夕張の千年町にすんだことのある住民にとっては馴染みの場所。

 

白黒写真に着色した画像

 


大夕張 千年町 永原呉服店
千年町の交差点の角に設置された机の上の募金箱に寄付をする婦人の姿

 

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + 2 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ