昭和25年 鹿島中学校校舎

2029

 

 見るからに新しい出来たばかりの校舎。

 職員とともに、鹿島小学校の校長・教頭、鹿島中学校内山清治初代校長の顔が一緒に写っている。

 

 昭和22年(1947年)に鹿島小学校に併置された中学校の校舎が、常盤町にできて生徒達が移動してきたのは、昭和24年のこと。

 

 一方、昭和23年に夕張東(鹿島)高校前身の道立夕張高等学校鹿島分校が鹿島小学校の校舎に併置され、夕張北高鹿島分校となった昭和25年に鹿島中学校校舎に併置となった。

 

 職員写真の中央に並んで座っているのは、当時の鹿島中学校の河合清校長と、分校及び独立時校長事務取扱となる成田勝太郎氏のようだ。

 

 この写真は、夕張北高鹿島分校が、昭和25年に鹿島中学校校舎に併置となった時の写真ではないだろうか。

 

 

白黒写真に着色した画像

写真の裏に「昭和25年」とのメモがある

1件のコメント

  • 当時の鹿島小学校校長の横路先生や、私の祖父長谷川安造(当時鹿島小学校勤務)も写っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + one =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ