昭和40年代 大夕張駅前

5086

昭和45年(1970年)頃の大夕張駅前。

駅前広場から駅前の商店街を見る風景。

大夕張郵便局の前には、クリーム色のボディと赤い屋根から『丹頂形』と呼ばれた公衆電話ボックスが見られる。

昭和29年(1954年)頃から、日本全国に登場したものだというが、大夕張で見るようになったのは閉山前後のことではなかったか。

同じ位置からの写真は、これまでも見てきたが、微妙に看板などの標示に違いを見い出す。

人が住む「街」は生き続け変化をし続けているようだ。

白黒写真に着色した画像

大夕張駅前から

 

 

「大夕張駅前の移り変わり」と題したページに掲載した三枚の写真の内の一枚。

元データにあった傷と汚れを修正したものを今回掲載した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ