昭和32年大相撲 横綱千代の山・栃錦 大夕張巡業 その2

2217

 

 昭和32年8月2日。

 

 大夕張山神社下、鹿島小学校横にあった特設土俵で行われた大相撲の巡業。

 

 大夕張駅に現れた力士たちを見て、その巨体に目を丸くし、驚いた子どもたちも数多くいた。

 

 力士に、風呂場はつきものだが、緑町の浴場を利用したようだ。

 力士たちの入浴を、興味津々のぞいて見ていた少年もいた。

  

 

 当日の巡業は、街中から大勢の人々を集めた。

 

 後、昭和38年に大相撲入りした当時小学生の霜降少年(後の朝登※)もこの土俵で、横綱栃錦の胸を借りた。

 

 土俵を包んだ人並みは、山神社の山頂まで届くほどのにぎわいだった。

 

※ 朝登 俊光(あさのぼり としみつ) 最高位は東前頭2枚目(1970年1月場所) 得意技 突き、押し

  

 

 

上の写真では栃錦の土俵入りがみられるが、千代の山の土俵入りは、次のリンクから。

また『二十年史』(大夕張労働組合発行S42)に描かれた当日の熱狂ぶりが伝わる記事を読むことができる。

 

昭和32年 横綱千代の山・栃錦 大夕張巡業  横綱千代の山と栃錦の巡業風景。 千代の山の横綱土俵入り。(円内は栃錦)   昭和32年(1957年)8月2日、この日は金曜日だ。 平日ではあるが、夏休みの真っ只中。 神社下の教会横に…
続きを読む
 ooyubari.com
昭和32年 横綱千代の山・栃錦 大夕張巡業

公開(2020-08-04)

更新(2022-10-14)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ